ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
のりものトラブル
実録!ご近所トラブル
クイズ
旅先いい話
地域差・ランキング

「電車が1時間に1本の田舎から、東京へ。『開かずの踏切』の存在に驚愕しました」【○○に引っ越して驚いたこと】

横田 絢

横田 絢

2021.03.22 06:00

地元を離れて違う街に引っ越して、風土や食文化の違いに驚いた経験がある人、きっと少なくないはずだ。とくに県をまたいで移動する場合は、そうしたカルチャーギャップに直面する機会が多くなる。

Jタウンネットでは、「○○県に引っ越して驚いたこと」というテーマで読者投稿を募集している。今回は、その中から、バスや電車の本数に関する体験談を紹介したい。

画像はイメージ
画像はイメージ

まずは、愛媛から東京に引っ越した男性・Cさん(50代仮名、漫画家)からの投稿。

19歳の時に上京し、1年間は青砥(葛飾区)で新聞配達をしながら専門学校に通っていた。そんな彼が困惑したのは、踏切待ちの時間の長さ。

「夕刊を配る際に営業所の近くにある踏み切りの閉まっている時間が長くて、50分くらい待たされた事がありました。
愛媛県に居た時は1時間に1本くらいのペースでしか電車も来ないし、閉まっている踏み切りにも余り出くわした事が無かったので、東京の踏み切り時間の長さとひっきりなしに通過する電車の多さに驚きました」
関東内の移動でも、大きなギャップ
続きを読む

今、あなたにオススメ

PAGETOP