ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
実録!ご近所トラブル
きょうの難読地名
のりものトラブル
クイズ
地域差・ランキング

「恥の多いライフを送ってきました」 ラノベすぎる「人間失格」の帯に「嘘は言ってない」の声

大久保 歩

大久保 歩

2021.03.03 20:00

「人間失格」といえば、誰しも題名は聞いたことがあるだろう日本の名作文学である。

「恥の多い生涯を送ってきました」――こんな書き出しで始まるこの作品は、昭和期に活躍した文豪・太宰治(1909~1948)によって著された。

彼の代表作の1つであり、初版が出版されてから現在までに、さまざまな出版社から販売されている。

そして今、ツイッター上で話題になっているのが、こちらの「人間失格」だ。

これは、ツイッターユーザーのパナソニーさん(@panasonynet)が、2021年2月27日に投稿したものだ。新潮文庫の「人間失格」に、何やら目を引く帯が巻かれている。

ピンクと黄色をメインに、ポップな字体で「恥の多い!?生涯(ライフ)を送ってきました...」という文が踊る。

さらに、

「葉蔵を取り巻く妖艶な美少女たち」
「カフェスタッフ・雑誌記者・バーのマダム・煙草屋の娘etc.」

と、まるで美少女ハーレム系ライトノベルを彷彿とさせるコピーで埋め尽くされている。

もちろん、いずれも「人間失格」のストーリーを反映したものだ。

物語に登場するのは、主人公・葉蔵と、それを取り巻く4人の女性――ツネ子(カフェスタッフ)・シヅ子(雑誌記者)・マダム(バーの女主人)・ヨシ子(煙草屋の娘)。彼女たちが葉蔵とどのような関係を築いていくのか、まだ読んだことのない人は、ぜひ自分の目で確かめてほしい。(決して美少女ハーレムものを期待してはいけないが......。)

この、ある意味、古典を現代風に解釈し直したと言えなくもない帯に、ツイッターでは

「何でもいいから売りたい感ありあり」
「嘘は言ってないしね!フォントとかって大事なんだなあ(遠い目)」
「まだ読んだことないけど、内容はこんな感じなのか...」

などの声が寄せられている。作品の世界観はどこにいってしまったのかと、動揺している人も多い。

いったい、どうしてこのような帯が?

Jタウンネット編集部は3月2日、投稿者のパナソニーさんに詳しく話を聞いた。

「太宰先生も苦笑い」
続きを読む

今、あなたにオススメ

PAGETOP