ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
実録!ご近所トラブル
クイズ
のりものトラブル
グルメ
地域差・ランキング

踏み絵ならぬ「踏み芋」だ... 地元民は絶対に座れない?JR川越駅のコロナ対策が話題に

松葉 純一

松葉 純一

2020.08.03 20:00

ソーシャルディスタンスの保持は、もう現代人の常識と言えるだろう。コンビニでもスーパーでも、一定間隔をあけて並ぶのが習慣となっている。電車やバスなどの公共交通機関を待つ行列でも同様だ。

とある駅のホームに設置された、ソーシャルディスタンスの保持を呼びかける掲示が話題になっている。2020年8月2日に投稿された、次のようなツイートがきっかけだ。

写真には、駅ホームの椅子に置かれた掲示が映っている。そこにはさつまいものイラストが描かれている。

「川越市民はさつまいもを踏んだりしません」

というキャッチコピーが記されており、さらに「ソーシャルディスタンスにご協力を!」と続いている。実に単純明快、シンプルで力強いポスター、と言うしかない。

ツイートには「JR川越駅のソーシャルディスタンスの促し方のクセが強い」というコメントも添えられている。この投稿はなんと14万件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散中だ(8月3日夕現在)。

ツイッターには、さまざまな声が寄せられている。

「ふ......踏み絵......?」
「踏み絵ならぬ踏み芋ってか......」
「市民か市民ではないか判断してそうですね」

なぜ、こんな掲示を?Jタウンネット編集部は、JR東日本大宮支社広報に詳しい話を聞いた。

「川越いもは川越市民のソウルフード」
続きを読む

今、あなたにオススメ

PAGETOP