ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

消毒に使うなんて勿体ない? 話題の65度ウォッカ、試しに飲んでみたら...

松葉 純一

松葉 純一

2020.04.23 11:00

新型コロナウイルスの感染拡大で、消毒用アルコールがドラッグストアや薬局の店頭から姿を消して、どのくらい経つだろうか。2020年2月上旬頃からだから、そろそろ3か月になろうとしている。だが、ドラッグストアでの品薄状態は一向に解消される気配がない。

そんな中、消毒用アルコールの不足を補おうと、全国各地の酒造メーカーが、消毒用アルコールと同等の効果を持つ、高度数の酒を製造し始めたと聞いた。

茨城県水戸市の老舗酒造会社「明利(めいり)酒類」は、3月16日、アルコール度数65%のスピリッツ「メイリのウオッカ65度」を発売した。4月6日夜からは、同社のオンラインサイトを通して、全国への配送を開始した。

自宅に届いた「メイリのウオッカ65度」(写真撮影はJタウンネット記者)
自宅に届いた「メイリのウオッカ65度」(写真撮影はJタウンネット記者)

アルコール度数は65%、主成分はエタノール、品名はウォッカ、容量は360ミリリットル、価格は1000円(税別)/1本(酒税、234円が含まれる)。

そして、こんな但し書きがあった。

※本商品は、一般的な消毒液と同程度のアルコール度数でございますが、消毒や除菌目的で製造された商品ではございません。

Jタウンネット記者は、さっそく3本セットを通販サイトに申し込んだ。料金は代金引き換え払いにした。そしてすっかり忘れていた。

4月18日朝、ゆうパックが到着した。代金を払って、受け取った。「メイリのウオッカ65度」3本だ。1本360ミリリットルだから、1リットル以上ある。消毒用アルコールの品薄状態に悩んでいた筆者にとっては、朗報である。

期待していなかったボーナスが突然振り込まれたかのような、予想外の幸福感に包まれてしまった。やったぜ! アルコール長者だ。

泣かせる手紙が入っていた
続きを読む
PAGETOP