ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

【続報】地下鉄の駅で保護されたハムスター、その後どうなった? 警察署から引き取ったのは...

井上 祐亮

井上 祐亮

2020.01.24 17:00

地下鉄の階段にハムスターがいる――2020年1月16日に投稿された、こんなツイートが話題になったことを皆さんは覚えているだろうか。

ハムスターは発見者が駅員に報告し、保護。場所は、東京メトロ南北線の飯田橋駅だ。

Jタウンネットが飯田橋駅事務室の担当者に話を聞くと、2020年1月17日の昼前に、牛込警察署に引き渡したという。発見・保護から1日後の出来事である。詳細は「地下鉄の階段にハムスターが! →駅員に保護されたけど...その後どうなった?」をご覧いただきたい。

小さなハムスターは無事だった。ネット上には、「よかった」「一安心した」といった声が寄せられた。しかしその後の様子を気にする声も少なくなかった。すると、Jタウンネット宛に読者から一通のメールが届いた。

なんでも「ハムメディア」というハムスター専門の支援団体が、警察からハムスターを引き受けたというのだ。

階段で発見されたハムスターは「ハムメディア」へ(左は、西武沿線民(@shironeko_train)さんから。右は「ハムメディア」から)
階段で発見されたハムスターは「ハムメディア」へ(左は、西武沿線民(@shironeko_train)さんから。右は「ハムメディア」から)

「1匹でも多くのハムスターをしあわせにする」という信念のもと活動しているというハムメディア。その活動内容を「ハムスターの保護や譲渡活動、ハムスター飼育者に対してSNSやメールを通じて飼育サポートなどをしている」と話すのは、ハムメディアの代表を務めるNASHIOさんだ。

JタウンネットはNASHIOさんを取材、引き受けた経緯を聞いた。

3か月間は里親を募集しない
続きを読む
PAGETOP