ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

NHKが時報放送を止めた理由 テレビから消えた「NHK時計」の歴史と現在

笹木 萌

笹木 萌

2019.12.31 11:00

「NHK時計」グッズ化していた

実は局内に設置されている掛け時計は、かつて関連会社であるNHKエンタープライズが販売していたもの。

NHKの広報担当者によると、掛け時計が販売されていたのは2007~16年。価格は9800円(税抜)で、水色の縦縞が入った青版と木目版の2種類を取り扱っていた。このほか腕時計の販売や、NHKオンラインLabブログ(すでに終了)で、時計画面をブログに貼りつける「ブログパーツ」の無料配布を行っていたが、いずれも終了している。

現在、NHK時計を楽しむ方法は、スマホ用アプリ「NHKとけい」があるとのこと。iOS版、アンドロイド版をそれぞれ公開している。

NHK時計(木目調)の掛け時計バージョン(画像はツイッターユーザーのかも@kamoxevicさん提供、NHKスタジオパーク内で撮影)
NHK時計(木目調)の掛け時計バージョン(画像はツイッターユーザーのかも@kamoxevicさん提供、NHKスタジオパーク内で撮影)

ここでNHK時計の歴史を振り返ってみよう。

担当者によれば、時報をテレビ画面で表示するNHK時計の放送は1953年のテレビ本放送開始からほどなくして始まった。当初はスタジオ内の柱に掛けられた振り子式の時計を撮影し、正午のニュースを前などに放送していたという。

55年には文字盤の周りがレンガ模様の時計を採用、「時計の円盤が各家庭のテレビ画面で歪んでも目立ちにくい」という理由があったようだ。

65年10月にはより明るく近代的な印象を持ってもらえるよう、背景が木目調の時計に変更。その後は4~9月が青版、10月~3月が木目版と使い分けられようになった。

掛け時計にもなったこの2つのデザインは90年代初めごろまで放送され、NHK時計として1番長く放送された。

テレビ時報が終了したのはなぜ?
続きを読む
PAGETOP