ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

岐阜を流れる「新規川」、名前の由来を県河川課に聞いてみた

松葉 純一

松葉 純一

2018.04.19 11:00

江戸時代に開削された

河川課の担当者は、大垣市にも問い合わせ、次のように回答してくれた。

江戸時代の大垣藩時代に開削された人工河川です。

なるほど、「新規」の由来は、人工河川から来ているわけだ。

そこで、記者はもう少し調べてみた。江戸時代前期、「新規川」の開掘を行ったのは、大垣藩主戸田家第3代の戸田氏西(うじあき)だ。新田開発、治水事業に熱心に取り組み、「新規川」の開掘もその一環だった。

また「延宝の大暇(おおいとまい)」と呼ばれる家臣の人員整理や藩費の削減も断行し、藩の財政立て直しに尽力している。1684年、58歳で死去。まさに血のにじむような藩政改革の名残りが、「新規川」の名に込められている。

大垣城(tsudaさん撮影、Flickrより)
Ogaki catsle
PAGETOP