ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
マンガ

浅草「凌雲閣」、基礎の一部が出現! 今後のことを台東区教委に聞いた

Jタウンネット編集部

Jタウンネット編集部

2018.02.15 16:00

明治~大正期にかけて浅草のランドマークとなっていた建物が1890年に建てられた「浅草凌雲閣」だ。10階までは煉瓦造りの八角塔、11・12階は木造という作りで俗に「浅草十二階(単に十二階とも)」と呼ばれ、日本初とされる電動式エレベーターが設置された。当時の錦絵や絵葉書などにもその姿が数多く残されており、東京の名勝として知られていたことがうかがえる。

関東大震災(1923年)で崩落し、残った部分もその後爆破解体されてしまったため実物を見ることはできない――のだが、基礎部分の一部は今でも浅草の土中に残っているようだ。2018年2月9日に台東区浅草2丁目の工事現場で、基礎部分の一部が見つかったのだ。

当時の絵葉書に描かれた凌雲閣の姿(Wikimedia Commonsより, Nesnadさん撮影)
当時の絵葉書に描かれた凌雲閣の姿(Wikimedia Commonsより, Nesnadさん撮影)

より正確な建物の位置を確認
続きを読む
PAGETOP