ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
実録!ご近所トラブル
きょうの難読地名
のりものトラブル
クイズ
地域差・ランキング

広島県北部のスーパーでは「ワニ」の肉が売っている!?

Jタウンネット編集部

Jタウンネット編集部

2015.01.27 17:29

熱帯に住む爬虫類の中で最も大きく、かつ独特の存在感を放つワニ。
現在の日本に野生のワニは生息していないため、動物園や映像以外で見ることは滅多にないし、毛皮や肉が販売されていることを知らない人もいるのではないか。

ワニは水場の近くにいるイメージが強いが、広島県北部で「わに」の肉が売っているという。瀬戸内海沿岸ならまだしも、中国山地近くの山奥というのは――「ホント!?」と言いたくなる。

広島県	庄原市(旧東城町)のスーパーで販売されるワニ(Chen4さん撮影、Wikimedia Commonsより)
広島県 庄原市(旧東城町)のスーパーで販売されるワニ(Chen4さん撮影、Wikimedia Commonsより)

庄原市で撮影されたスーパーの写真には......「お刺身におすすめ」として販売されている「わに(生食用)」の姿が!

といっても爬虫類のワニではない。実はこれ、「鮫(さめ)」の肉なのだ。岡山・広島・鳥取・島根の山間地では昔からサメのことを「わに(ワニ)」と呼んでおり、郷土料理が今も伝わっている。最も盛んなのは広島県三次市で、「ワニバーガー」を提供する食品店もある。

三次市のフジタフーズが提供する「ワニバーガー」(同社公式サイトより)
三次市のフジタフーズが提供する「ワニバーガー」(同社公式サイトより)
それにしても、なぜ山奥でサメ料理!?
続きを読む

今、あなたにオススメ

PAGETOP