電車広告でもおなじみ、深見東州さんが東京ヴェルディのスポンサーに就任

2017年1月11日 21:00

東京都をホームとするサッカーチーム「東京ヴェルディ」が2017年1月10日、半田晴久さんが代表を務める国際スポーツ振興協会(ISPS)とコーポレートパートナー契約を締結したことを公式サイトで発表した。

東京ヴェルディ(yoppyさん撮影、Flickrより)
Tokyo Derby (2008-04-12)

半田晴久さん=深見東州さん

半田さんは「深見東州」の別名でも知られ、スピリチュアル研究家、事業家、教育者、福祉家、芸術家など多方面で活躍している。電車広告で見かけたことのある人も多いのではないか。

ISPSは「スポーツの振興、社会福祉の支援及び国際親善に寄与することを目的」に活動しており、ゴルフをはじめとする様々なスポーツの大会支援やブラインドゴルフの普及などに取り組んでいる。

半田さんはコーポレートパートナー契約について、

「ISPSと言えば、ゴルフやボーリングアーチェリーのスポンサーで知られています。
それらは、スポーツの力で社会をより良くする試みです。
しかし、世界の人々が、どんなに貧しくても楽しめるものではありません。
その点、サッカーは偉大です。国境を越える、世界のメジャースポーツです。
今年から歴史と伝統ある東京ヴェルディを支援することになり、スポーツの力で社会をより良くする試みを深めます。
さらに、サッカーを通してニュージーランドとの交流を図ります。いずれも、心ときめくエキサイティングな事ばかりです。
今年は酉年ですが、ヴェルディ君の翔く年であって欲しいです」(原文ママ)

と、ヴェルディ公式サイトでコメントしている。

契約にあたり、ヴェルディのユニフォームの胸部分には赤い字で「ISPS HANDA」のロゴがプリントされる。

東京都 最新記事
2018/4/22

「昭和ノスタルジー」があるなら、「平成ノスタルジー」もきっと来る。 というわけで、将来この時代の象徴として語られるであろうアイテム、文化、人物などを、平成...

2018/4/21

東日本と西日本の違いは特に食べ物関連に表れやすいようだが、「うどんの東西差」といえば、日清の「どん兵衛」に東と西の2パターンの味が用意されている話などでも...

2018/4/21

利行は、関東大震災から太平洋戦争の直前まで、昭和初期の東京を歩き回り、近代化が進む荒川・隅田川沿い、千住のガスタンクやお化け煙突、隅田公園にできたばかりの...

2018/4/20

直前の連絡で申し訳ありませんが、あす2018年4月21日開催の「第3回webメディアびっくりセール」に、Jタウンネットも参加します。今回は、あすスタートの...

2018/4/20

(画像は公式サイトより)西武池袋本店の7階 催事場では2018年4月20日から5月6日まで、「全国味の逸品会」が開催されています。 国内外で話題のスイーツ...

注目情報
20180122kitakyushu1.jpg

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ