山里亮太がJ-CASTニュース名誉編集長に! マスコットキャラ「カス丸」の立場はどうなる

2018年5月 1日 20:00


Jタウンネットの姉妹サイト「J-CASTニュース」の名誉編集長に、南海キャンディーズの山里亮太さん(41)が就任することになった。会員限定コンテンツの目玉として、2018年5月9日から、山里さんみずからが取材する「ネットニュースの明日(あした)」、略して「ねとあす」がスタートするのだ。

そんな中、JタウンネットK編集長のもとに、弊社のイメージキャラクター「カス丸」が駆け寄ってきた。

「大変きゃすぅ、困ったじぇい。Kさん、助けてほしいじぇい!」

どうやらカス丸、「名誉編集長」が生まれたことで、イメージキャラの地位が奪われ、自分の立場が危うくなるのではと心配らしい。K編集長は「そんな心配はないんじゃないか」と諭すのだが――。

town20180501175949.jpg

K編集長「えっと、そもそも『ねとあす』って、どんな企画なんだっけ?」

カス丸「日頃からネットニュースに不満をかかえる山里さんが、記者となり、みずから取材し記事を公開します。経済、カルチャー、国際情勢まで、山里目線で見るとあのニュースはどう斬られるのか? これまでにない芸人×記者×ネットニュースの掛け合わせが始まります」

K編集長「ありがとう、プレスリリースをそのまま読んでくれたのね。個人的にはすごくいい企画だと思うけど、何が心配なのさ」

town20180501180011.jpg

カス丸「カス丸は『かわいいキャラ(自称)×記者×ネットニュース』の掛け合わせが売りだったんだじぇい。このままだとニュースじゃなくて、ぼくが斬られちゃうかも......」

K編集長「たしかに、カス丸もみずから取材してるね。でも山里さんとカス丸だと、ぜんぜん影響力が違うでしょ。たとえばツイッターのフォロワーは、山里さんが108万、カス丸は4000。同じ立場になろうとするのはムリあるよ」

カス丸「J-CASTニュースは、山ちゃんと『次の一手』を模索するって言ってるじぇい。一緒に『信頼できるネットニュース』の作り方を探るために、連載初回は法政大学社会学部の藤代裕之准教授と対談するらしいじぇい。でも『次の一手』を模索するパートナーは、カス丸じゃダメなんきゃすか?」

town20180501180117.jpg

K編集長「名誉編集長を『山ちゃん』呼ばわりするのはやめなさい......ってかカス丸、山里さんと藤代先生の対談に同席してるでしょ。この予告動画、よく見てみなよ」

カス丸「えっ......」

カス丸「でもでも!カス丸は記者5年目だし、経験も豊富だじぇい......」

K編集長「じゃあさ、カス丸はこの5年間を踏まえて、自分しかできない『これまでにない』記者の形を見せればいいんじゃない? 『ネットニュースの明日は、カス丸が作る!』って胸を張るんだよ。そのための方法は、いくらでもあると思うけどね」

カス丸「確かに、そう言われると、そうかも――」

town20180501180156.jpg

K編集長「そんなに心配なら、タウンに来ればいいんじゃない? 『名誉編集長』はムリだけど、それなりのポストは用意できるかも」

カス丸「それは、願ったり叶ったりだじぇい! 『ネットニュースのカス丸』、略して『ねとかす』の連載とか、おねがいいたしきゃすぅ」

town20180501180454.jpg

K編集長「ネーミングが悪すぎるから却下。Jタウンネットは地域情報サイトだし、カス丸がご当地キャラとの交流を図ったりするのとか良さそう」

カス丸「たしかに! これなら山ちゃんとは違う路線で活躍できるじぇい!!!!!」

K編集長「もともとカブってないんだけどね。まあ、どんなことをしてもらうかは、追って相談しましょう」

town20180501180220.jpg

――カス丸の去就はさておいて、2018年5月9日から、山里さんによる「ネットニュースの明日」がスタートします。同日からスタートする「J-CASTニュース会員」(無料)では、「ねとあす」以外にメールマガジン、会員向けセミナーやプレゼント企画も予定しています。お楽しみに。

「K編集長」の最新記事

2018/6/2 11:00

私ことK編集長は、先日30歳になった。20代のうちは目前の仕事を片付けるのに精一杯だったが、そろそろ楽しむ余裕もできれば........

2018/5/5 11:00

埼玉・東京を中心に展開する「ぎょうざの満洲」。キャッチフレーズの「3割うまい」とともに、地元住民に親しまれている中華料理チェーンだ。 ...

2018/5/1 20:00

Jタウンネットの姉妹サイト「J-CASTニュース」の名誉編集長に、南海キャンディーズの山里亮太さん(41)が就任することになった。...

2018/4/9 17:00

国内のモスバーガー看板が緑色になって久しいが、海外にはいまも「赤色の看板」が残る地域がある。なかでも出店数が多いのが台湾だ。実はこの地は、モスフードサービ...

2018/4/1 08:00

いつもJタウンネットをご愛読いただき、ありがとうございます。K編集長体制となって、2018年4月1日で丸1年が経ちました。おかげ...

東京都 最新記事
2018/8/21

「びじゅチューン!」は、アーティストの井上涼さんが作詞・作曲・歌・アニメーションを手がけるNHKEテレの番組です。今回の企画は、「びじゅチューン!」とのコ...

2018/8/21

皆さんは「イグ・ノーベル賞」をご存知ですか?「イグ・ノーベル賞」とは、1991年に創設された「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に与えられる賞で、...

2018/8/21

ヨーロッパの古い刺繍やレースなどのコレクションで知られるユキ・パリスさん。40年以上かけて蒐集した作品や道具、資料などを、京都のミュージアムで一般公開する...

2018/8/20

日本の夏(Thomasさん撮影、Flickrより)にわかに論議を呼んでいるのが、サマータイム制だ。2020年開催予定の東京オリンピックの開催時期に猛暑が予...

2018/8/19

「昭和ノスタルジー」があるなら、「平成ノスタルジー」もきっと来る。 というわけで、将来この時代の象徴として語られるであろうアイテム、文化、人物などを、平成...

注目情報
かき氷

猛暑日に食べたい!山梨県の限定かき氷とは?

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

北九州市

北九州市の「移住体験ツアー」に参加してみました!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ