「エビフライの尻尾」食べる派 vs 食べない派、それぞれのこだわり

2017年4月10日 11:00

Jタウンネットが「エビフライの尻尾を食べるかどうか」に関する調査記事を、2017年3月31日に公開したところ、読者の皆様から大きな反響があった。Togetterでまとめられ、TOKYO MXの情報番組「バラいろダンディ」でも記事が紹介されると、それは更に加速した。

その結果、「食べる」「食べない」から分派した、様々な派閥が生まれ、ツイッターには多くの意見が投稿された。調査では集められなかったそれぞれの派閥が持つ「理由」について、紹介していきたい。

「特集」の最新記事

2018/5/22 17:00

2014年に包括連携協定を結び、地域の活性化を各々図ろうとしている神奈川県川崎市と東京都世田谷区。...

2018/5/16 18:00

平日の15時頃。仕事の休憩をしようと、さぁ一服――。...

2018/5/15 17:00

1600品種1万株のバラが植樹されている、京成バラ園(千葉県八千代市)。...

2018/5/15 11:00

登山する時にルートや日数などを記入し提出する「登山届」。しかし、青森県内で2017年に起きた山岳遭難した全員が登山届を出していなかった、と2018年5月1...

2018/5/11 19:00

「ましゃ」の愛称でお馴染み、長崎市出身の歌手・福山雅治さん(49)もかつて好んで食べたという、お好み焼きマツダ(長崎市)で販売されているアイスクリーム「1...

栃木県 最新記事
2018/5/24

2018年5月20日頃からツイッター上で、ハトに餌を与えないよう啓発しているポスターが、「意識の高い鳩」とツイートされ話題となっている。このポスター、いっ...

2018/5/24

中国大陸から、黄砂がやってくる――。気象庁公式サイトの「黄砂情報(予測図)」を見ると、2018年5月24日12時頃から27日3時頃にかけて、中国大陸から日...

2018/5/24

インターネットを初めとしたITに関わる技術は、今や我々の生活になくてはならないものとなっており、「AI」という言葉を聞く機会も増えてきた。AIとは「Art...

2018/5/24

「飯泥棒」と言っても、別に食い逃げとかご飯時に家に上がり込んでご飯を食べて帰っていく面倒な客人のことではなく、ご飯のおかずの話である。記者にとって最高の飯...

2018/5/23

今やどんな地域でも「ゆるキャラ」を作って広報活動に力を入れている時代。正攻法ともいえる「観光大使」もさまざまな地域で存在している。しかし、栃木県ではその「...

アクセスランキング
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ