「起立・礼・着席」授業が始まる前の号令、あなたはなんて言ってた?

2015年7月27日 06:00

起立・礼・着席――。こんな号令、小学生や中学生のころによく聞いたはずだ。授業やホームルームが始まる前に、日直や学級委員が口にしていたこの号令、どうやら地域によって色々なバリエーションが存在するらしい。

あの号令、なんて言ってた?画像はイメージです(ajariさん撮影、flickrより)
Heiwa elementary school 平和小学校 _18

聞くところによると、宮城や群馬などでは起立と礼の間に、「注目」と言うらしい。この「注目」は、「ちゃんと先生に注目しなさい」といった意味で、「気をつけ」に近いような使い方をするという。山形など東北地方の一部では、注目の代わりに「気をつけ」を使うようだ。

また、一風変わったものとして、沖縄の「正座、礼」がある。この「正座」も、「気をつけ」に近い意味だが、なんと沖縄では号令の際に起立することはないらしい。

そのほかにも、起立と礼の間に「○○の勉強(授業)を始めます」や「×時間目の勉強(授業)」と言うところもあるようで、とにかくそのバリエーションは豊富なようだ。もちろん、「号令なんて無かったよ!」という方もいるだろう。

そこで、読者の皆様に聞いてみたい。

「授業が始まる前の号令、なんて言ってた?」

以下の選択肢からお答えいただきたい。結果は、Jタウンネットのシステムで都道府県別に集計する。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ