関東人「今川焼き」 関西人&九州人「回転焼き」 北海道「おやきだろ」 兵庫人「御座候だよね」 『えっ』

2014年8月15日 08:00

今川焼、大判焼き、回転焼き、御座候――小麦粉の生地の中に餡(あん)を入れてこんがり焼いた和菓子は全国で様々な呼び名がある。日本で最も広く使われている名称はなにか。
Jタウンネットでは2014年7月17日から8月11日までの26日間、読者の地域の呼び方についてアンケートを実施したところ、1482名に投票いただいた(今川焼き?大判焼き?御座候? 「アレ」の名前は結局なんなのか参照)。

首都圏「今川」、東海「大判」、関西「回転」の傾向が顕著

全国集計の結果、最も支持を集めたのは「大判焼き」で369票(24.9%)だった。「今川焼き」が313票(21.1%)で2位となり、3位が「回転焼き」で285票(19.2%)、4位が「御座候」で159票(10.7%)と続いた。上位の4名称で全体の75.9%を占める。

town20140813obanyaki_zenkoku.jpg

今度は地方ごとの傾向をみてみよう。以下の図表は、各都道府県でも最も支持の高かった名称を該当する色に塗ったものだ。色が濃いほど支持率が高い。

town20140813obanyaki_todoufuken_keikou.jpg

地方別の傾向を大ざっぱにいうと、北海道と北東北は「おやき」で、南東北と茨城は「大判焼き」。首都圏は「今川焼き」が強く、東海は「大判焼き」だった。滋賀を除く関西は「回転焼き」で、広島は「二重焼き」がトップ。それ以外の中国・四国地方は「大判焼き」が優勢、九州は「回転焼き」を支持する人が多かった。
今回のアンケートは「その他」が89票(6.0%)も入った。13の選択肢以外にも独自の名称が存在するようだ。

ちなみに白は、投票数1位が並んだ地域。細かい解説は割愛するが、周辺地域と傾向は似通っている。例えば、栃木は「今川焼き」と「大判焼き」がともに同数。両勢力の中間にあるといっていいだろう。

各都道府県ごとの細かい勢力図は、次回の記事(広島ローカルな「二重焼き」、関西は「回転焼きVS御座候」、日本海側「大判焼き」ライン...あなたの地元の呼び方は?)で紹介したい。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ