「減便対応あほなのか」ツイートに猛反論 小湊鉄道が「大人気ない」対応をした真意

2020年4月14日 20:00

千葉県市原市から房総半島中央部を結ぶローカル線・小湊鉄道(本社:市原市)。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2020年4月13日から減便ダイヤで運行している。

この減便対応をめぐって、小湊鉄道公式ツイッターが、あるユーザーの投稿に反論する一幕があった。

画像はイメージ
小湊鉄道(画像はイメージ)

発端となったのは、あるツイッターユーザーが13日夜、小湊鉄道が減便を決めたことについて、逆に満員の状況を招くなどとして「あほなのか」とつぶやいたこと。投稿には「#小湊鉄道」のタグもついていた。

こうした投稿に対して、小湊鉄道は、

「満員になるような乗車人数は報告されておりませんが、何時何分のダイヤが満員でしたでしょうか?明日以降、増結などの対応を検討しますのでご連絡下さい」

と、発端となったツイート(削除済)を引用する形で投稿。続けて、乗車人数が増える時間帯は減便しておらず、場合によっては減便前後の車両数を増やしていると説明した。

一見、大人気ないとも捉えられかねない投稿だが、小湊鉄道のツイートには「素晴らしい対応」といった好意的な声が寄せられている。その後、小湊鉄道は、

「何か煽ってる様になってしまい申し訳ございません
変な言い方ですが、満員状態があったら本当に知りたいです」

と投稿。あくまでサービス向上のためのヒアリングであることを強調している。

Jタウンネットは14日、小湊鉄道に投稿の真意を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ