京急路線図にまさかの誤植 泉岳寺の隣が西馬込に...原因は「確認不足」

2020年3月12日 14:16

京浜急行電鉄(本社:横浜市)が作成した路線図で、一部区間の駅の並びが本来とは反対になっているなど、複数の誤植があったことが分かった。Jタウンネットの2020年3月12日の取材に、京浜急行電鉄の広報課が認めた。

14日から6つの駅名を変更する京急。誤植があったのは、駅名の変更に伴って作られた新しい路線図だ。

西馬込~高輪台が逆に(画像はPLせつな@plsetsunaさん提供)
西馬込~高輪台が逆に(画像はPLせつな@plsetsunaさん提供)

担当者によれば、車内の路線図は10日に貼り換えた。デザインは車両内の「山側」(西側)のドア上部にあるものと、「海側」(東側)のドア上部にあるもので異なっていて、それぞれ次のような誤植があったという。

(1)山側の都営浅草線「西馬込~高輪台」の順番が逆
誤:泉岳寺の隣から西馬込、馬込、中延、戸越、五反田、高輪台
正:泉岳寺の隣から高輪台、五反田、戸越、中延、馬込、西馬込

(2)山側・海側の英文において、単語のスペルに誤り
誤:Expect 正:Except
誤:earch  正:each

黒枠内の単語に誤り(画像はてるーな@mushn32さん提供、一部加工)
黒枠内の単語に誤り(画像はてるーな@mushn32さん提供、一部加工)

担当者によれば、こうした誤植があった路線図はほぼ全車両に貼られている。誤植が起きた原因については、

「貼り付ける際の、確認不足です」

としている。

その後の対応として、山側の路線図は11日にすべて撤去済み。海側のスペルミスについては上からシールを貼る形で、順次対応していくという。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ