達筆すぎる「春はあげぽよ」が話題 どうして書いた?作者の思いを聞いた

2020年2月17日 20:00

2020年2月13日に投稿された次のようなツイートが、いま話題となっている。

「春はあけぼの」といえば、平安時代の女流作家・清少納言の随筆「枕草子」であまりにも有名な一節だ。しかし、「春はあげぽよ」とは......?

しかも現代のギャル語を取り入れた「枕草子」風の一節が、見事な書でしたためられているではないか。このツイートには、4万近い「いいね」が付けられ(2月17日現在)、今も拡散中だ。

ツイッターには、「こう書かれると、もはやギャル語ですら芸術みありますね」「壁紙にしたいです!」「ステキすぎます」などといった声が寄せられている。

この「春はあげぽよ」を投稿した書家の蒼喬(そうきょう) さんは、いったいどんな思いで書いたのか? Jタウンネット編集部は電話で詳しい話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ