めちゃくちゃ強そう... 高知の鉄工所が作った「ロボット型薪ストーブ」がロマンしかない

2019年11月18日 06:00

高知県土佐清水市には、ひときわ異彩を放つふるさと納税の返礼品がある。

ロボット型薪ストーブ(小磯鉄工ウェブサイトより)
ロボット型薪ストーブ(小磯鉄工ウェブサイトより)

逆光の中に浮かび上がるどっしりとした黒い影。腹の中で煌々と燃え盛る炎。

寸胴型の胴体からニョッキリはえた脚で堂々と立っているのは、土佐清水市の鉄工所・小磯鉄工が製造する「ロボット型薪ストーブ」だ。

218万円の寄付でもらえるお礼の品で、「ロボット型薪ストーブ」と甲冑を装着した「ロボット型薪ストーブ(サムライ)」の2種類がある。

ふるさと納税サイトに記載されている説明文は以下の通り。

「職人こだわりの遊び心で誕生したロボット型の薪ストーブです。
ガラス越しの揺らめく炎を見ながら暖をとりつつ、オーブン付きなので料理を楽しむこともできます。
また、インテリアとしても存在感を発揮し、シーズンオフでも見て楽しんでいただけると思います。」

温まりながらピザや焼き芋の調理や、やかん・鍋の加熱ができ、インテリアとしても楽しめる、と三拍子そろったストーブだが、なぜロボット型なのかは不明のままだ。Jタウンネット編集部は小磯鉄工を取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ