懐かしの「一太郎」っぽい看板を発見→近づいてみると... まさかの「手書き」だった

2020年9月23日 20:00

みなさんは「一太郎スマイル」を覚えているだろうか。

一太郎スマイルとは、かつて販売されていた小学生の学習支援ワープロソフトのこと。授業で使ったことがあるという人もいるだろう。

その一太郎スマイルを彷彿させる看板が、野球場やテニスコートなどの複数施設が集まる「三沢市民の森」(青森県三沢市)に存在するという。いったいどんな看板なのか。

その写真がこちらだ。

どこかで見たフォント...(画像は在羽テヌヒト@JRE203keiさん提供)
どこかで見たフォント...(画像は在羽テヌヒト@JRE203keiさん提供)

カラフルなフォントに立体感、そして謎のうねり...一太郎シリーズに搭載されている文字のエフェクトにそっくりだ。

似ている(画像は一太郎情報ポータルより)
似ている(画像は一太郎情報ポータルより)

やたら主張の激しいフォントは、どこか懐かしさを感じさせる。あまりにも雰囲気が似ているため、「一太郎を使って作ったのか?」と思ってしまうが、実はそうではないらしい。

文字をよく見てみると...

手書き!?(画像は在羽テヌヒト@JRE203keiさん提供)
手書き!?(画像は在羽テヌヒト@JRE203keiさん提供)

画像は猫耳幼女のyasu@library_yasuさん提供
画像は猫耳幼女のyasu@library_yasuさん提供

驚くべきことに、この看板は印刷されたものではないようだ。

その証拠に、色の境目が少々粗くなっている。印刷であれば境目だろうときれいにプリントされるはずなので、看板は「手書き」の可能性が高いというわけだ。

この看板は、2020年9月21日、ツイッターユーザーの在羽テヌヒト(@JRE203kei)さんが、

「なんだこの一太郎スマイルみたいなワードアートは...手書き!?」

という一文とともに投稿。23日18時時点で1万2000件以上もリツイートされるほど、話題となっている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ