これは注目せざるを得ない...! 「集中線」付き飛沫防止パーテーションが発明される

2020年6月18日 11:00

新型コロナウイルスの感染防止対策として、病院の窓口や店舗のレジ、飲食店などで見かけるようになってきたのが、透明のプラスチックなどで作られた飛沫防止パーテーションだ。ビニールシートが吊り下げられている場合よりも、パーテーションの方が固定されているだけに、やや安心感がある気がする。

その飛沫防止パーテーションに、こんなユニークなモノが登場した。2020年6月16日、次のようなツイートが投稿され、話題となっている。

なんと「集中線バージョン!」だ。

線の集中する位置にある物体に、読者の視線をひきつけ、注目させる効果がある。否が応でも読者の注目を引き寄せようとするテクニックらしい。漫画好きの人にはおなじみのアレだ。

しかし、なぜ飛沫防止パーテーションに集中線を入れてみたのだろう?

注目されること間違いなし (匠工芸@takumikougei)のツイートより
注目されること間違いなし (匠工芸@takumikougei)さんのツイートより

Jタウンネット編集部は17日、パーテーションを作った匠工芸(@takumikougei )を取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ