「衆生は不安よな。阿弥陀動きます」 壮大すぎるお寺のパロディ、一体なぜ?住職に聞いた

2019年8月 7日 17:00

「後輩芸人達は不安よな。松本 動きます。」

これは吉本興業をめぐる問題で宮迫博之さん、田村亮さんが開いた会見を受けて、松本人志さんが2019年7月20日に発したツイートだ。後輩芸人を思っての呟きだが、インターネット上では、このフレーズがパロディ化されるなど流行になりつつある。

浄土真宗本願寺派永明寺(北九州市八幡東区)も、門外の掲示板にそのパロディを貼っている。

阿弥陀って関西弁なのか(画像は永明寺住職・松崎智海さんのツイートより)
阿弥陀って関西弁なのか(画像は永明寺住職・松崎智海さんのツイートより)

「衆生(しゅじょう)は不安よな。阿弥陀 動きます。」

衆生は生きとしいけるものすべてを指す。後輩芸人のために動く松本さんに対し、かなりスケールが大きくなっている。

永明寺といえば、映画「ボヘミアン・ラプソディ」にちなんだポーズをとった住職の姿や、クリスマスツリーのような宝樹の画像をアップするなど、住職の松崎智海(ちかい)さん(44)のツイートが話題になることが多い。

こちらの貼り紙も、松崎さんが8月4日にツイッターへ投稿したことで話題に。7日正午時点で3万6000件超のリツイートを獲得するなど、大きな注目を集めている。Jタウンネットは7日、松崎さんに、詳しい話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ