全然ユルくない! 戸塚のゆるキャラ・ウナシー、利用規約が「めちゃくちゃ細かい」と話題に

2019年2月22日 12:00

ひょんなことから、いまネットで注目を集めているゆるキャラがいる。戸塚区(神奈川県横浜市)のマスコットキャラクター「ウナシー」だ。


ご覧の通り、かなりゆるいイラストのキャラクター。戸塚区の公式サイトによると心優しい、のんびり屋の牛で、好きな食べ物は平戸地区(戸塚区)で生産されている「浜なし」。特技は「どこでも寝る」という設定だ。

しかし、そんなウナシーの使用方法に関して疑問の声が上がっているのである。

いったいどういうことなのだろうか。

「ウナシーのブランド価値を守っていくためです」

ウナシーの細かい色指定
ウナシーの細かい色指定

横浜市戸塚区役所による「戸塚区マスコットキャラクターウナシー デザインガイドライン」を確認すると、上の画像のようにウナシーの色の組み合わせについて細かく指定がある。ガイドラインとしては大変親切だが、少々細かすぎる気がする...。

また、下の画像のように「配色を変えてはならない」「他の図形等と重ねて使用してはならない」といった規定もあり、ネット上では「キャラを使用するにはゆるくない規定があるゆるキャラ」として話題となった。

「他の図形等と重ねて使用してはならない」などの使用禁止例
「他の図形等と重ねて使用してはならない」などの使用禁止例

Jタウンネット編集部は2019年2月21日、戸塚区役所地域振興課の担当者にどうして使用規定は全然ゆるくないのか聞いてみたところ、

「ウナシーのブランド価値を守っていくためです」

ときっぱりした返答。2009年の区制70周年を記念して、誕生したウナシー。区民により愛着を持ってもらえるよう公募の末、専門家にデザインを依頼したという。どうやらウナシーがこのデザインに至るまでの過程に並々ならぬ思い入れがあるようだ。

「他の図形等と重ねて使用してはならない」といった使用規定は少々厳しすぎるような気もするが、

「キャラクターの背景が無地であればご使用いただけます」

と指摘。横浜市にはほかにもいろいろなキャラがある中、使用方法としては比較的普通であるとのことだ。

今回話題になったことの感想を聞いてみると、

「ある意味ネガティブな知られ方ではあるかもしれませんが、これをきっかけにいろんな方にウナシーを知ってもらえたらと思います」

と述べ、

「これからもウナシ―を愛していただけましたら大変助かります」

最後に担当者は熱を込めてそう言い添えた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ