どうしてそうなった...二・二六事件の慰霊像、今や「女子高生に人気の告白スポット」らしい

2015年2月26日 17:06

NHKのすぐ裏に立つ観音像

「ピロリン♪」

道行く人が、観音像に向けてスマホのシャッターを切った。
2015年2月26日、昼。前日までの暖かさが嘘のように、東京は再び冬の寒さに見舞われていた。ただ79年前の「二・二六」とは違い、降るのは雪ではなく、冷たい雨である。
スーツ姿の通行人は、なおも2、3枚の写真をカメラに収めると、そのまま像の前を去っていく。

town201208_pho02.jpg

渋谷駅から徒歩10分余り、NHK放送センターの道路挟んですぐ裏、渋谷公会堂のほど近くに、「二・二六事件慰霊像」はある。
ここはかつて、東京陸軍刑務所の敷地だった土地であり、青年将校たちが処刑された場所だ。1965年、死者の御霊を弔うため、遺族などによって観音像が建てられた。

像の前には、数は多くないが真新しい花、日本酒や菓子などが供えられ、雨に濡れていた。別の場所で法要が執り行われているためか、慰霊像の前に関係者らしき人の姿はない。しばらく眺めていたが、ほとんどの人は無関心のまま通り過ぎ、たまに足を止める人も、無造作にレンズを向けるぐらいで、やはりさっさとその前から離れていった。

慰霊像に手向けられていたお供え物
慰霊像に手向けられていたお供え物

雨のせいもあってか、辺りには沈鬱な空気が漂う。そもそも渋谷とはいっても、この辺まで来ればセンター街もとうに終わり、若者の姿もそう多くない。このあたりでは、夜になると「軍人の幽霊が出る」という噂も一時期あったそうだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ