仮病電話「ブリッジでリアルになる」説 本当なのか?記者が実験してみた

2018年11月15日 15:00
town20181115141729.jpg

とにかく、今日は会社や学校に行きたくない。だけど、体はすこぶる元気で仕方がない。体調が悪いフリ、電話で上手にできるかな――

皆さん、こんな悩みを抱いたことありませんか? もちろん、筆者は何度もある。電話口で咳をするフリをしてみるも、後で「ちょっと、ワザとらしかったかな」と不安になることもしばしばだ。

そんな悩みを解決してくれるというライフハック術(?)が、2018年11月13日にツイッターへ投稿され、いま話題になっている。その投稿は、次のようなものだ。

見ての通り、この投稿は5万件超のリツイート、19万件以上の「いいね」を集めるなどネット上で大反響(2018年11月15日昼時点)。「参考になりました。是非活用させて頂きます」「確かに本当にツラそうな声が出そうですね」など感嘆する声が相次いで寄せられている。

やはり気になるのは、このテクニックにどれほどの効果があるのかという点。そこで、Jタウンネット記者がさっそく実践してみた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ