きゅうりに乗ってやってきて、ナスに乗って帰ります お盆に飾る「精霊馬」はどこまで一般的なのか

2018年8月14日 06:00

すっかり一大帰省イベントになっている印象もある「お盆」だが、本来は先祖供養の行事を行う期間だ。この認識は一般常識のようなもので、地域によって極端な違いはないと思われるが、細部ではかなりの地域差がある。

日付ひとつをとっても、新暦の8月15日前後が多いと思われるが、旧暦の7月15日パターン、新暦の7月15日パターン、さらにこれらとはまったく異なる日の場合もあり、なかなかバリエーション豊かだ。

そんな中でも記者が気になるのは「精霊馬(しょうりょううま)」だ。きゅうりやナスに楊枝や割り箸で足をつけ、牛や馬に見立てる飾りで、ネット上ではバイクや車などを作っている画像などが見られることも。存在自体が広く知られているようなのだが、実際にお盆の習慣としてはどのくらい一般的なのだろうか。

実際のところ、馬や牛に見えるかというと微妙なライン(katorisiさん撮影, Wikipediaより)
実際のところ、馬や牛に見えるかというと微妙なライン(katorisiさん撮影, Wikipediaより

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

20190313touden2.jpg

クイーンズ伊勢丹のバイヤーに聞く「福島牛」の現在とは

20190222koshiduka_a.jpg

駅内の人気店も待望の復活。一風変わったスタバも出店します。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ