まさか妖怪? スーパーで売っていた「カッパ肉」にネット騒然、その正体は...

2019年9月18日 11:00

「カッパ肉ってなんぞ!?」

カッパは牛の腹部の皮と、脂身の間にある赤いスジ肉を指す。牛一頭から取れる量は少なく、貴重な部位のようだ。どちらかというとマイナーな部位なため、ツイッターには「貴重なカッパ肉が乱獲されている...」といったジョークを飛ばすユーザーのほか、

「カッパ肉ってなんぞ!?」
「カッパ゚肉?初めて聞いた...」
「カッパ肉?????ん??ん?」

といった反応もみられる。

味はスジ肉ということで歯ごたえがあり、赤身の旨みが感じられるとのこと。煮込みやボイルで食べるのが良いらしく、投稿者が目撃した京都に限らず入手はできるようだ。

投稿には「北陸では『天狗乃肉』、山陰では『ババアの切り身』なるものも売ってたりします」とのリプライ(返信)も。こちらももちろん、伝説の生物や人間ではない。

石川県にある天狗中田(本社・金沢市)が販売する肉を「天狗乃肉」といい、富山県高岡市にも「天狗乃肉」という食肉卸販売店の名前がある。

ババアは「タナカゲンゲ」と言う深海魚のことで、鳥取など山陰地方での呼び名のひとつなのだとか。見た目はちょっとグロテスクだが、鍋などで食べられるようだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ