ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

「電車のいないホームに向かってフラフラ歩いていく男性。『まさか』と思い、慌てて声をかけたけど...」(静岡県・30代男性)

Jタウンネット読者

Jタウンネット読者

2023.09.20 11:00
0

声を掛けるも間に合わず

その先には線路があり、電車はありません。しかしその男性は前を見たまま、まっすぐ進んで行きます。

「まさか?」と思い、「オイッ!」と声を掛けましたが間に合わず、その人は線路に落ちてしまいました。

幸い、非常ベルもすぐに鳴り、電車も来ない状態。

急いでその場に向かった私は、その人に声を掛け、意識あるのを確認。ホームから飛び降りて救助を試みました。

非常ベルも鳴り...(画像はイメージ)
非常ベルも鳴り...(画像はイメージ)

線路に落ちたその人は額から血を流し、そのまま動かない状態でしたので、「とりあえず上に上がろう」と声を掛けましたが、「上がれない」とのことだったので引き上げることに。その人は手首もやってしまったみたいでした。

時刻は早朝、その駅では3人ほどしか降りていませんでしたが、もう一人の方が駅員を呼んでくれました。

遅れて来た駅員さんは救急車を呼んでくれて、救急の隊員が来た時点で、私は仕事に向かいました。その後が分かりませんが、無事でいると嬉しいです。

誰かに聞いてもらいたい「親切自慢」、聞かせて!

Jタウンネットでは読者の皆さんの「感謝してもらえて嬉しかったこと」を募集している。

読者投稿フォームもしくはtwitter.com(@jtown_net)のダイレクトメッセージメール(toko@j-town.net)から、具体的な内容(誰にどんな親切をしたのか、どんな反応が返ってきたかなど、500文字程度~)、体験の時期・場所、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談を編集して掲載しています。あらかじめご了承ください)

PAGETOP