ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

殺気を感じる... 「鳥取砂丘コナン空港」で人々を狙う「犯人」目撃される

藤本 仁

藤本 仁

2023.06.24 18:00
0

空港を歩いているときに、ふと天井を見上げた。

そこには漫画「名探偵コナン」でおなじみのアイツが潜んでいた。

全身黒タイツの犯人さんが...!?(画像はのがみ@imer_nogamiさんのツイッターより)
全身黒タイツの犯人さんが...!?(画像はのがみ@imer_nogamiさんのツイッターより)

通気口から見下ろしているのは、正体が明らかになる前の「犯人」。暗闇に紛れて鋭い目つきでこちらをうかがう様に、生命の危機を感じてしまう。

こちらはツイッターユーザー・のがみ(@imer_nogami )さんが2023年6月11日に投稿した写真。 14日、Jタウンネット記者の取材に応じたのがみさんによると、「鳥取砂丘コナン空港」で撮影したものだという。

「空港の公式アカウント様もキャラクターが各所に隠れていることをアナウンスされていたので探していましたが、不意に見つけてしまって大変驚きました。ちょっと怖かったです」(のがみさん)

思わぬ場所で発見されたおなじみの犯人に、ツイッター上では2万6000件以上のいいね(22日夕時点)のほか、こんな声が寄せられている。

「去年行ったのに気付かなかったァァ!!!」
「気づいたら腰抜かすわ」
「知らずに見たら発狂しそう」
「こういうの考えた人、本当に凄い」

なぜ天井に?

「鳥取砂丘コナン空港」は鳥取空港の愛称。鳥取砂丘と、鳥取出身の漫画家・青山剛昌氏の作品「名探偵コナン」の知名度を生かすためにつけられた。

16日にJタウンネット記者の取材に応じた県庁・まんが王国官房担当者によると、米子空港の愛称「米子鬼太郎空港」を知った青山氏が78巻末の作者コメントで「鳥取空港は『鳥取コナン空港に』...なるわけないか(笑)」と述べたことがきっかけ。平井伸治知事自ら主導して実現したものだという。

2015年3月に「鳥取砂丘コナン空港」としてオープンして以降、小学館の協力を得ながらコナンキャラのオブジェやトリックアートを徐々に増やしており、話題の「犯人」は、隠れキャラも作ろうという遊び心から生まれた。

隠しキャラとして分かりづらい位置に(画像は再掲)
隠しキャラとして分かりづらい位置に(画像は再掲)

キャラのオブジェの位置などを示した探索マップも存在しているが、隠れキャラの場所は公開していない。

「実は他にも隠れキャラがおりますので、ぜひ現地で見つけて頂けたらと思っています」(県庁・まんが王国官房の担当者)

鳥取砂丘コナン空港に降り立った際は、隅々まで探索してみてほしい。

PAGETOP