ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
あのときはありがとう

「頼まれた家の掃除をしたら『泥棒扱い』。こじれ切った母と叔母の関係を何とかしたいけど、できることはある?」(東京都・30代男性)

占い師の鉄平(自己防衛おじさん)

占い師の鉄平(自己防衛おじさん)

2022.06.12 17:00

職場の人間関係や恋愛相談、身体のコンプレックスから性の悩みまで――。

読者から寄せられた多種多様な悩みを、「自己防衛おじさん」こと占い師の鉄平さんが、真摯かつユーモラスに回答していく。

今回お悩みを相談するのは、東京都ののTさん(自営業、30代男性)。仲の悪い母と叔母の板挟みになり、困っているという。

読者のお悩み

母と叔母の関係がとてもこじれていて、板挟みになっています。
関係を修復するために、私が率先して言葉掛けをしたりそれぞれをフォローしたりしていますが、効果がありません。
別居している叔母には定期的に手紙を送って考え方を変えてもらおうとしていますが、全く変わりません。それどころか、最近は叔母が認知症になってきたこともあって、自分の言葉が通じなくなってきました。
以前、叔母の家の掃除を頼まれて不用品を処分したのですが、それを叔母は母が勝手に盗んだと言ったり、会話が成立しないのです。
母は母で半ば諦めているようで、叔母に自ら話しかけることは一切なく......。
どう仲直りのきっかけ作りをしていいか、自分でもわからなくなってきています。こういう時は、なにをすればいいのでしょうか。
Tさん(東京都・30代男性)

自己防衛おじさんはTさんに、どんなアドバイスを送るのだろうか。

自分自身の人生を謳歌するという「自己防衛」
続きを読む
PAGETOP