ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

とっても素敵な味がしそう...! シュガーポットに詰められた「四角い宝石」を口に含んでみたすぎる

福田 週人

福田 週人

2022.01.21 08:00
「カラフルで美味しそう!」

思わずそんな感想を抱きそうになる「石」の写真が、ツイッター上で注目を集めている。

シュガーポットがまるで宝石箱(画像は依田貴石公式ツイッターアカウントより、以下同)
シュガーポットがまるで宝石箱(画像は依田貴石公式ツイッターアカウントより、以下同)

こちらは、山梨県甲府市で水晶や天然石の研磨などを手掛ける依田貴石(https://www.yodakiseki.com/)の公式ツイッターアカウント(@yoda_kiseki)が、2022年1月15日に投稿した画像。

白いシュガーポットの中に詰め込まれているのは、カラフルでデザインも様々な立方体だ。

入れられている容器が容器なだけに、なんだかとっても美味しそうな「角砂糖」に見えるが、実際は全て加工した「鉱物」である。食べられないのがちょっと残念だが、目で見るだけでも十分楽しめそうだ。

午後のティータイムで抜群に映えそうなキューブたちに、ツイッター上ではこんな声が寄せられている。

「ナタデココみたいで綺麗!」
「おお、水色の薄い夏摘みダージリンにいれたいですね」
「ほんとに食べたいくらい綺麗な鉱物です......」

Jタウンネット記者はこのキューブについて、依田貴石に取材した。

全て手作業で作っている

取材に応じた同社の社員によると、投稿写真のポットの中に入っているのは、水晶類をメインとした天然石と、人工水晶。その見た目から、「キューブカット」と呼んでいるそうだ。

「(キューブは)山梨甲府に伝わる『手擦り研磨』という手法によって製作しています。
宝石の研磨は現在機械によるものが主流ですが、手擦り研磨はすべて手仕事。鉄や木の研磨皿に石をあてて磨きあげる伝統の手法です。
今回のキューブカットも、石の種類に合わせて指先の感覚で製作しています」(依田貴石・社員)

また、石のキューブをシュガーポットに入れて撮影しようと思った経緯については、

「(依田貴石の)SNSは、某作家さんやカメラマンと共同で運営しているのですが、その作業の中でキューブカットの見た目があまりにおいしそうだと思ったので、『宝石はおいしい』をコンセプトに作品を紹介してみることにしたのが始まりです」

とのこと。投稿した「角砂糖」以前にも、宝石をアメの形にしてみたり、駄菓子にしてみたりと、「いつも宝石をおいしく調理しています」。

こんなキャンディー見たことある!
こんなキャンディー見たことある!

投稿がツイッター上で反響を呼んでいることについては、

「このツイートが宝石のジャンルだけでなく、喫茶やスイーツ、ゲームに至るまで、全く違う分野の方たちにまで喜んでもらえたことに驚いています」

とコメントしている。

PAGETOP