ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

倒産→家を失う→人気YouTuber←今ここ 注目度上昇中「りんの田舎暮らし」を直撃!傷ついた彼女が北海道で「救われた」ワケ

中沢 新

中沢 新

2021.12.01 17:00

どこか遠くへ行ってしまいたい

「初めて(YouTubeに)投稿した時はまだまだ心がしんどかった時でした」

YouTubeでの発信を始めた当時についてそう振り返るりんさん。最初の動画「22歳で倒産!貧困家なし生活をしていた私が移住するまでの1か月」を投稿した2020年12月は、起業した会社の倒産を経験したばかりで、失意の中にいたという。

大学在学中から起業を志し、「女性が幸せに生きられるお手伝いがしたい」という思いで20年、大学卒業と同時に美容系のお店をオープン予定だった。コスト削減のため、店舗としてお風呂とトイレ付きの住める物件を契約。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の下、店の運営は困難を極めた。期待していた持続化給付金も対象外となり、ついに20年夏、倒産という苦渋の決断を強いられ、住む場所さえなくした。

「自分のお城も夢も全てがなくなってどこか遠くへ行ってしまいたい」

そんな思いに駆られ、移住を考え始めたりんさん。行き先の候補の一つだった北海道で活躍しているYouTuberに連絡してみたところ、縁がつながり当時住んでいた名古屋から北海道に移り住むことを決意。この出会いをきっかけに、YouTubeを始めた。

「幸い時間は沢山あったのでかなり作り込むことができましたが、途中何度も辛くなり、どうしてこんなことやっているんだろう、本当だったら自分のお城で楽しく仕事してたのに、とか色々考えてしまっていました」(りんさん)
画像はYouTubeチャンネル「りんの田舎暮らし」より

動画の撮影や編集は基本的に一人でできる範囲で行っている。三脚を使ったり、自撮りしたりを繰り返し、一台のカメラで何度もアングルを変えて撮影しているため、かなりの時間がかかるという。釣り堀やオホーツク海でのアキアジ(鮭)釣りなどの動画撮影の場合は、別途カメラマンに撮影を依頼し、動画を作っているそうだ。

「編集は学生時代から趣味でやっていたので結構マニアックな映像作りになっていると思います。見るたびに新しい発見があるような動画になっていたら嬉しいです」(りんさん)
「形は違えど誰かの役に立てる存在になれているんだ」
続きを読む
PAGETOP