ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

「反りがマトリックス」「イナバウワーの白兎」 木でつくられた「餅つきウサギ」がアクロバティックかわいい

福田 週人

福田 週人

2021.06.26 11:00

月の表面の影が「ウサギが餅つきをしている姿」に見えるというのは、よく聞く話だ。

今回、まさにそんな餅つきをするウサギを再現した木工作品が、ツイッターで話題になっている。それが、こちらだ。

体幹が強靭すぎるウサギだ(以下、画像はhanano-factory@hanano48385306さんのツイートより)
体幹が強靭すぎるウサギだ(以下、画像はhanano-factory@hanano48385306さんのツイートより)

臼から伸びる白いお餅を、つぶらな瞳をした白いウサギが両手に持った杵でついている。全てが木で出来ているとは思えないほど柔らかそうだ。

そして注目すべきは、そのお餅の長さとウサギの体勢。弧を描いて伸びるお餅はかなりの長さで、それをつくウサギは、背中が地面につかんばかり。なかなかにアクロバティックだ。

こちらの作品に対し、ツイッター上では、

「めっちゃ可愛いです!踏ん張ってる脚が愛おしい」
「反りがマトリックス」
「イナバウアーの白兎」
「木工でこんな表現できるなんて驚きです。こんなのほしいです」

といった声が寄せられている。

話題になっているのは、北海道・遠軽町の動物寄木細工専門店「ハナノ工場」のツイッターアカウント(@hanano48385306)が2021年6月17日に投稿した写真。Jタウンネット記者は22日、工場長の三浦毅(52)さんに話を聞いた。

「餅が細いので折れないように気を付けて作りました」
続きを読む
PAGETOP