ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

山口県民に「つまらんぞ」と言われても、楽しませようとしなくていい...かもしれない

井上 慧果

井上 慧果

2021.06.19 20:00

日本各地には、その地域でしか伝わらない言葉――方言が数多く存在している。

そのため、何かを説明するときに

「あれっ、この言葉伝わらないの...?」
「地元なら一言で表現できるのに...」

と、地元以外の場所でもどかしい思いをしている人も多いとか。

Jタウンネットではそんな方言の情報を全国の読者から募集している。

今回は、地元以外では意味が変わる方言の中から山口県などで使われている「つまらん」を紹介する。

面白くないわけじゃなくて...

山口県在住の40代の女性読者から編集部にこんなメールが届いた。

「地元の標準語だと意味が変わる方言『つまらん』
使用例:標準語だと『面白くない、退屈』だが山口県では『駄目だ』という意味で使用する。
『丁寧に掃除をせんとつまらんぞ』『運転中、信号が黄色の時に突っきっちゃつまらんよ』『その時の感情だけで退職したらつまらんよ』」

彼女の地元では「つまらん」という言葉を禁止の意味で使うとの情報。

標準語では「面白くない」「興味がわかない」といった意味で使う「つまらない」を崩した形として「つまらん」を使用する人が多いだろう。

そのため、いきなり

「信号が黄色の時に突っきっちゃつまらんよ」

と言われたとき、じゃあどうすれば面白いの? とびっくりしてしまうかもしれない。

つまらん=ダメ(画像はイメージ)
つまらん=ダメ(画像はイメージ)

この言葉について調べてみると、「日本国語大辞典(小学館、ジャパンナレッジ版)」の「つまらない」の項目に方言として載っていた。同辞典よると、山口・広島・長崎・大分の一部地域や島根、愛媛、大分で「つまらん、つまらぬ」を

「役に立たない。無益だ。だめだ」

の意味で使う。

島根では「つまらの」の形で使う場合もあるらしい。

主に西日本で使われているようだが、東日本でも山形県米沢市では同様の意味で「つまらない」「つまんない」という方言を使うとあった。

また「全国方言辞典(三省堂)」には、広島県の備後地方、山口県、福岡県では「だめだ、いけない」といった意味で使われる方言だとされていた。

では、実際にはどんな使われ方をしているのだろう。ツイッターで調べてみると、こんなつぶやきが。

「先輩が患者さんにつまらん、つまらん言うから、いやいや別にボケてないでしょって思ってたら、博多弁でダメって意味らしい」
「福岡来て知った方言で、いけない、駄目だ、という意味の『つまらん』って言葉があるんだけど、『(お前は)つまらんなぁー』って言われると標準語の3割増でグサッとくる」

標準語と意味が違うと分かっていても、「ダメだ」と注意されるより傷ついてしまうとのこと。

すれ違いでグサッときてしまうことがないように、人から「つまらん」と言われたら方言かどうか一度考えてみた方がいいかもしれない。

あなたの地元の「標準語だと意味が変わる方言」教えてください

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、あなたの地元と、そこで使われている「標準語とは意味が違う方言」、その使用例(200文字程度~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

PAGETOP