ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

「アパートに男を連れ込む女。深夜になると『ガタガタ』物音と声が響いて...すっかり寝不足になりました」(東京都・40代男性)

ご近所トラブル調査団

ご近所トラブル調査団

2020.12.19 17:00

深夜から、営みスタート。睡眠不足になりました――。今回紹介するのは、東京都に住む医療従事者のSさん(40代男性)が体験したご近所トラブルだ。

木造アパートの1階に住んでいた彼。職業柄、夜遅くに帰宅するという生活を送っていたという。ハードな仕事なので、睡眠時間を大切にしていたSさん。

ところがある日のこと。深夜に天井からガタガタ物音が響くようになった。時計の針は、とっくに0時を回っている。

犯人は、2階で暮らす水商売の女性。男性を連れ込んでいたそうだ。深夜2時頃から3時過ぎまで、響く物音と声。しかも、たまに窓を開けっ放しにするそうで...。

「うるさい場合は天井をバットでドンドンと突きます」

「たまに窓も開けっ放しで...」(画像はイメージ)
「たまに窓も開けっ放しで...」(画像はイメージ)

20年程前に、神奈川北部にある木造2階建てアパートの1階に住んでいました。

私は医療従事者という職業柄、朝は普通でしたが、帰宅は夜遅く。

いろいろとハードな仕事で、車の運転もしなければいけません。そのため睡眠時間が、とても大切でした。

ところが、しばらくして夜中に2階からガタガタと物音が響いてきて、うるさくて眠れなくなりました。

2階には水商売をしている女性が住んでいて、深夜1時半頃に帰宅するのです。

残念ながら、男性も連れ込みます。

深夜2時頃から、営みスタート。3時過ぎまでガタガタと、物音と声が響きました。

たまに窓も開けっ放しで...。

私は、睡眠不足になりました。あまりにも、うるさい場合は天井をバットでドンドンと突きます。

すると一瞬静かになって、その晩は眠れるのですが...。

また後日、同じようなことが起きました。

相手の男がうちに押しかけてきたことも...

相手の男性が、酔っ払って私の部屋まで押しかけてきたこともあります。

彼は、真夜中にその女性を探していたようで

「(女性が)どこにいるか知らないか?金ないから貸してくれ」

と、言ってきました。訳が分かりません。

本当に迷惑だったので、不動産屋に電話しました。でも

「当人には苦情が出ていると伝えている」

と言うばかり...。

上階の女性は、午前中の間は部屋にいることが分かっていました。ですので、ある休日、彼女に直接訴えることにしました。

ドアの向こうには、すっぴん姿の30代半ばとおぼしき女性が。私は

「仕事があるのに夜寝れない、いい加減にしてくれ!」

と強めに言いました。

すると数日後、夜中にインターホンが鳴りました。

ドアを開けると、例の女性が菓子を持って立っていました。

「ご迷惑おかけしてすいませんでした」

と...。しばらくして、その人は知らない内に転居していました。

東北訛りがある例の女性は、その後どうなったのでしょうかね。

もう50代くらいだろうし...。

  

あなたの「ご近所トラブル」投稿、募集します

Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「ご近所トラブル」体験談を募集しています。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、具体的なエピソード(500文字~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

PAGETOP