ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
実録!ご近所トラブル
きょうの難読地名
のりものトラブル
クイズ
グルメ

10トンの野菜が「規格外」で廃棄なんてもったいない...! SNSでフードロス問題を解決し続ける若者の新たな挑戦

松葉 純一

松葉 純一

2020.11.25 21:01

新型コロナウイルス感染拡大の影響による「フードロス」の問題を、解決し続けてきた青年がいることを、ご存知だろうか。

外食産業の低迷で販売先を失った農家を救うため、SNSを活用して大量の在庫を販売してきた。千葉県の農家が抱えた2トンの野菜、売り先を失った北海道の農家の2.5トンのホワイトコーン。どちらもとんでもない量だが、それらをすぐに完売させた実績を持つ。

その彼が、また新たな課題に挑戦している。「規格外だから」という理由で廃棄されてしまう野菜を販売しようというのだ。

2020年11月24日に投稿された、次のようなツイートがいま注目を集めている。

ツイートは、「野菜の規格外品でも欲しいという方はいますか?」という呼びかけで始まっている。写真は、北海道の農家らしい。「この農家さんはこれから規格選別をすると約10トンのB品が廃棄になっていまうと聞きました」とのことだ。野菜が選別されて、なんと10トンも廃棄されてしまうという。実にもったいない話ではないか。

投稿者の三浦大輝(@yasai_md)さんは、「B品野菜をセットにして販売したい」と続けている。このツイートには1万6000件の「いいね」が付けられ、今も拡散中である(11月25日夕現在)。

Jタウンネット記者は、この呼びかけをした三浦大輝さんに詳しい話を聞いてみた。

「規格外でも味は変わらない!」
続きを読む

今、あなたにオススメ

PAGETOP