ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
のりものトラブル
クイズ
実録!ご近所トラブル
地域差・ランキング
グルメ

まるでガラス細工...! 繊細すぎると話題の仙台銘菓「霜ばしら」を食べてみた

笹木 萌

笹木 萌

2020.04.02 06:00

みなさんは冬季限定の仙台銘菓「霜ばしら」をご存知だろうか。

霜柱といえば気温が氷点下になる時、地中の水分が地表で柱状に凍結したもの。冬の風物詩ともいえるそんな現象を、そのままお菓子にしたような商品だ。

仙台銘菓「霜ばしら」(画像はすべて編集部撮影)
仙台銘菓「霜ばしら」(画像はすべて編集部撮影)

霜ばしらを販売するのは、仙台市で和菓子の製造・販売を手掛ける「九重本舗玉澤」。一つ一つが職人の手作業で作られ大量生産できないこともあり、入手困難ともいわれている。

この霜ばしらが、「とんでもなく繊細なお菓子」だとツイッターで話題になった。缶を満たしたきめ細かい粉の中から、白い光沢のある四角いお菓子を引っ張り出している様子は、まるでガラス製品を取り扱っているかのようだが...いったいどんな味がするのだろうか。

気になった筆者は「霜ばしら」を3月9日に注文。その時点で100人ほど待ちがあるとのことで、届いたのは約3週間後だった。

綿菓子をギュッとつぶした味?

九重本舗玉澤の公式サイトによると、霜ばしらの販売期間は10月~4月まで。衝撃・熱・湿気に弱く、缶の中には防湿と破損防止のために、もち米を原料とした「らくがん粉」が満たされている。

3週間待って到着
3週間待って到着

原材料は水あめ、砂糖、もち米、でん粉。さっそくフタを開けて見ると雪のような粉の中に、それらしきものが見えた。

横線が見える
横線が見える

公式サイトに記載されている食べ方では、霜ばしらが見えるまでらくがん粉を別の場所に移し、幅広い側(平らな面)を「指先で静かにつまんで引き出す」となっている。霜ばしらは軽く、少し力を加えると簡単に砕けてしまうのだ。

キラキラしている
キラキラしている

意外と厚い
意外と厚い

霜ばしらにはいくつもの線が入り、キラキラと光沢がある。横から見ると意外と厚みがあって食べごたえがありそうだ。

口に入れると、サクサクとした軽い食感でほんのりと甘みが広がる。少し舌にベタつく感じは飴に近い。他の編集部員にも食べてもらうと「綿菓子をギュッとつぶした味」「高級な感じがする」といった感想が聞かれた。

霜ばしらの最初の1枚はすぐに取り出せるが、2枚目以降は粉の下にある。ほじくり出そうとすると粉がこぼれてしまうため、らくがん粉は一旦出した方が取り出しやすいだろう。

粉をよけると...
粉をよけると...

らくがん粉をよけると、40枚ほどの霜ばしらがびっしりと敷き詰められている。こうして見ると本物の「霜柱」のようだ。

あまりにもきっちり詰まっているため最初は少し取りだしにくい。筆者がむりやり引き抜いたところ、指圧で破損してしまった。公式サイトによるとつまようじなどを使うと良いそうだ。

そして残った霜ばしらは、らくがん粉を戻して冷蔵庫などで保管する。少し面倒くさいが湿気を防ぐためだ。食べ終わった後のらくがん粉はフライパンに移し、色が付くまでかき混ぜ、砂糖と少量の食塩を加えると、お茶請けとして楽しめるという。

注文は電話やメールなどで受けているが、注文殺到のため今季の受付は終了とのこと。食べてみたい人は来季まで待ってほしい。

今、あなたにオススメ

PAGETOP