ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

ギョーザ1皿、いくらまで出せる? 「栃木vs静岡」で平均価格が高かったのは...

Jタウン研究所

Jタウン研究所

2017.04.21 06:00

平均価格は「363円」

ギョーザ1皿、いくらまで出せる?
ギョーザ1皿、いくらまで出せる?

全国の平均価格を算出してみると、363円(以下、金額は小数点以下四捨五入)になった。もっとも支持を得たのは、300円(22.0%)。しかし、ダントツ人気というわけではなく、250円(17.3%)、350円(14.2%)、400円(12.8%)といった近い価格帯と、さほど得票率に違いがない。これらを合わせてみると、全体の3分の2が、「250~400円」あたりを適正と考えているようだ。

また、200円(6.8%)、450円(4.5%)、500円(9.8%)まで広げてみると、全体の87.3%となっている。なお、極端に金額が少ない100円(2.0%)や、反対に多い1000円(1.9%)も、少数ながら票を得た。

それでは、餃子の名産地はどうか。毎年消費量をめぐり「餃子戦争」をくり広げる、栃木県宇都宮市と静岡県浜松市。両者を擁する県を比較してみると、栃木県(312円)に大きく差をつけ、静岡県は467円となった。浜松が1世帯当たり年間購入額で、3年連続日本一(2016年)に輝いていることを裏付けるような結果になっている。

なお、各地の餃子チェーンをみてみると、「みよしの」の200円(以下、税込)をはじめ、「ぎょうざの満洲」が226円、「餃子の王将」が237~259円(地域別)、「大阪王将」が240~260円(地域別)。中華チェーン店では「日高屋」の210円、「幸楽苑」の216円、「バーミヤン」が258円。多くのチェーンが、「出せる額」を下回る価格設定をしている。もしかすると、「もうちょっと多く出しても良いよ!」と思っている読者も多いのかもしれない。

PAGETOP