ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

銭湯で、男の子を「女湯」(or女の子を「男湯」)に入れていいのは何歳までか調べてみた

Jタウン研究所

Jタウン研究所

2015.07.31 18:14

緩い栃木と岐阜、厳しい京都

混浴がダメになる年齢について、他の都府県はどのように定めているか。それをまとめたのが下の表だ。

town20150731sento_jyorei01.jpg

北海道の12歳は、47都道府県の中で最高年齢だ。半分以上の県が「10歳以上」(9歳まで可)と定めている。つまり、道の銭湯組合は全国の趨勢に合わせただけともいえる。

全国で最も厳しいのは京都の7歳で、次いで愛知・滋賀・鳥取・熊本の4県が8歳となっている。

また、福島や千葉、新潟などの県は条例でとくに定めていない。

これを見て「えっ、じゃあ成人でも異性の風呂に入っていいの?」と早合点してはいけない。
2000年12月15日、厚生労働省が出した「公衆浴場における衛生等管理要領等の改正について」の中で、次のように書いてある。

「(入浴者に対する制限)
おおむね10歳以上の男女を混浴させないこと」

条例に記載のなかった島根県に問い合わせたところ、条例には明記していないものの国の管理要領に則っているという。

佐賀県も混浴に関する条文のない自治体の1つだが、その理由を次のように説明した。

「以前は条例で定めていました。しかし『公衆衛生というより風紀に関する問題ではないか』という判断から、12年前に外しました」(県の生活衛生課)

なお、公衆浴場の経営許可等の権限は、政令指定都市または中核市の場合、県から当該市に委譲される。その全ての自治体が条例で定めているかどうかは不明だが、岡山市の場合は「おおむね10歳以上の男女を混浴させないこと」としている。

混浴は日本の文化ともいえるが
続きを読む
PAGETOP