ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
あのときはありがとう

試してみた! 北海道民の一部はアメリカンドッグに「砂糖」を付けて食べる

Jタウンネット編集部

Jタウンネット編集部

2015.06.05 06:00

関東出身者がアメリカンドッグ+砂糖を初体験

せっかくなのでJタウンネット編集部でも試してみた。

コンビニでアメリカンドッグを2本購入。ケチャップ&マスタードをかけたものと、グラニュー糖をまぶしたものの味比べだ。

砂糖をまぶしたアメリカンドッグ(編集部撮影)

まずは王道のケチャップ&マスタードから。これまでパッケージをちゃんと読んだことはなかったが、正式には「トマト&あらびきマスタード」という。

town20150604americandog02.jpg

town20150604americandog03.jpg

town20150604americandog04.jpg

town20150604americandog05.jpg

外側はパリッと焼けていて、内側はふんわり。熱を帯びた揚げ物系に、ケチャップとマスタードはよく合う。

今度は皿の上にグラニュー糖を広げ、アメリカンドッグをまぶした。先端部と棒の露出部に近い部分は砂糖が付きにくい。スプーンを使ってかけた。

town20150604americandog06.jpg

town20150604americandog07_.jpg

毛の短い、老齢の男性の頭みたいな感じになった。これをガブリ。

town20150604americandog08_.jpg

グラニュー糖の甘みは意外と感じない。むしろアメリカンドッグの塩っ気が引き立つ。
砂糖は単体で舐めるよりも、別の物質とミックスすることによって甘みを出す。表面がパリパリのアメリカンドッグと固形のグラニュー糖を一緒に食べるとき、よくよく噛まないと、いい感じに甘みが口の中に広がらない。
その点、ペースト状の物質は既に溶けており、口の中で融合するのが早い。パッと食べられる揚げ物系フードにケチャップ&マスタードが多用される理由が何となく分かった。

3分の1ほど食べ進んだ状態で、皿に残ったグラニュー糖をアメリカンドッグの生地につけて食べてみる。案の定、最初よりもずっと甘く感じた。
アメリカンドッグのソースのかけ方やまぶし方について深く考えたことはなかったが、工夫次第で味が変わる。シンプルなようで奥が深かった。

道民のフレンチドッグはどんな原材料と調理、保温、まぶし方をしているのだろう。今夏、釧路あたりに出かけて実際に確かめたくなった。

PAGETOP