団地の主婦たちが、奇妙な雨に降られた話【ささや怪談】

2017年3月12日 21:00

「え、これで終わりかい?」
五郎さんが、ストレートな質問をぶつけてきた。

   わたしの友人に、五郎さんという医者がいる。彼は、幽霊というものを信じていない。
   彼にとっての幽霊とは、脳が見せるエラーやバグのようなものだという。
   そのわりに、彼は、怪談を聞くのが好きだ。
   真夜中の長電話も。
   時々、わたしは彼に、取材したばかりの怪談を聞かせている。
   今夜みたいに。

   ある団地でのことだ。
   主婦たちが五人で、井戸端会議をしていたのだという。
   話題は、その団地で相次いだ事故と自殺についてだった。
「この団地、変なことばっかり起こるね」
   誰かがそう言った途端に、いきなり大雨が降ってきた。
   驚くのも忘れるほどの土砂降りだった。
   主婦たちの一人が、「わっ、雨」と小走りに逃げ出すと、他の四人も散り散りに走った。
   大雨は、主婦たちがバラバラになったのを見図ったかのように、降りやんだ。
   午後の青空には、雲ひとつ無かった。
   ただ、アスファルトの上には、黒く濡れた円がひとつ。
   大雨は、直径一メートルの円を描くようにして、降り注いでいたのだった。
   主婦たちだけを、囲い込むように。
「この話したら、あかんねんやろか」
   それっきり、主婦たちは疎遠になったのだという。

Photo by AlmazUK, on Flickr\
Heavy Rain Shower

「え、これで終わりかい?」
   五郎さんの質問に、わたしは淡々と答えた。
「基本的には、そう」
「そうか。ちょっと思ったのは、ずいぶん日本人らしい話だな」
「どういう意味?」
「亡くなられた方が、雨を通じて怒っていたか、もしくは泣いていた。風流だね......」
   わたしは、ある怪談作家とフリーライターの名前を挙げた。どちらも、死者と雨が関係した怪談実話を書いている。
   五郎さんも、フリーライターの名前は知っていた。
「ただ」
「ただ?」
「事故と自殺の詳細を、あえて省いたな」
「その通り」
   わたしは、マッチと煙草の燃える音を耳にしつつ、大まかなことを話した。
「クリスマスだったか元旦に、どこかの棟で爆発事故が起きて、そこの住人が窓から落っこちて亡くなられたそうだよ。自殺は、飛び降り」
「二件とも、落下だねぇ」
「そう。もうひとつ、何かがあったそうだよ」
「そうかい。前ちゃんさ、怖くする気がないだろ。死体をガンガン転がして行こうぜ。怪談って、ボディ・カウントや内臓が多いほうが怖いとか、そういうものじゃない?」
「べつに、そういうものとは限らないし。あと、作り話は、苦手なんだよ」
「やってみたらいいじゃん」
「嫌だ。ひとつでも、そういうことをしたら。真面目に話してくれた人を、傷つけることになるから」
「相変わらず、優しいねぇ」
「それに、こういうぼんやりとした話のほうが、わたしは好きだよ」
「ぼんやりなぁ......。でも、この話だと、二人も死んでるぜ?」
「ああ」
「どこが、ぼんやりなんだよ!」
「ふわふわした話だろ」
   電話越しに、ビール缶のプルタブを開ける音がした。
「前ちゃんさ、他にも何か伏せてない?」
「いいや」
「ほんとうは、これってもっと怖い話なんじゃないの?」
「ただの悲しい通り雨」
「なあ、何があったんだよ」
「雨だよ、雨」
   こんなふうに書いてしまわないと、わたしも怖いのだ。

kuroihako.jpg

筆者:前田雄大

怪談団体「クロイ匣(ハコ)」の主宰者。関西を中心として、マイペースに怪談活動を行っている。https://twitter.com/kaidan_night

「怖い・ヤバい」の最新記事

2018/1/30 00:00

暗い場所で見たらホラーにしか見えない物がリビングに置かれていた――こんなツイートが2018年1月8日に投稿され、話題になっている。...

2017/8/21 17:00

クレヨンしんちゃんの飛び出し注意のイラストが恐ろしい見た目になっている――こんなツイートが2017年8月9日に投稿され、話題になっている。...

2017/7/18 17:00

道路の落書きに『死』と書かれた文字が!? と思ったらある数字を逆さに見てるだけだった――こんなツイートが2017年7月4日に投稿され、話題になっている。...

2017/7/5 11:00

ホームセンターに描かれた看板キャラが経年劣化によりホラーじみてる――こんなツイートが2017年6月26日に投稿され、話題になっている。...

2017/6/10 06:00

とある公園に設置されている像が、一度見たら夢に出てきそう――こんなツイートが2017年5月29日に投稿され、話題になっている。...

東京都 最新記事
2018/6/17

日本は高齢化が進んでいるが、元気なお年寄りは増えている。地域のために「生涯現役」で活躍していただくのは大変ありがたいことだ。しかし、世代交代となると、なか...

2018/6/17

2019年4月末に天皇陛下が退位し、翌5月1日、新天皇の即位に伴い、元号は変わる。今の元号「平成」と名がつく月日は、2018年で終わることになる。ツイッタ...

2018/6/16

徳島県で毎年8月に行われる伝統芸能「阿波おどり」で、2017年まで行われていた「総踊り」を18年は行わない、と各メディアや公式サイトで伝えられた。例年、一...

2018/6/16

漢字の読み書きなどの能力を計る、漢字能力検定(通称「漢検」)。2018年6月12日、その17年度都道府県別合格率が、日本漢字能力検定協会(京都市)から発表...

2018/6/16

「6月16日は何の日?」そう聞かれた時、皆さんなら何の日と答えるだろうか。調べてみると、「麦とろの日」「ケーブルテレビの日」「無重力の日」「アフリカの子供...

注目情報
北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ