明らかに計算がおかしい...ふるさと納税で貰える「芋焼酎1年分」は、一升瓶で×××本

2015年2月16日 18:06

いま人気の芋焼酎・黒霧島を製造販売する霧島酒造は、数年前に「いいちこ」の三和酒類を抜いて、焼酎業界でナンバーワンとなった注目の酒造メーカーである。同社の本社がある宮崎県都城市では、ユニークなふるさと納税事業を行っており、注目されている。

同市のふるさと納税のお礼の特産品の特徴は、肉と焼酎に限定し、その中からいろいろ選べるようなセットが用意されている点だ。例えば1万円以上の寄付の場合は、肉は牛ステーキ肉や黒豚しゃぶしゃぶセット、鶏肉など10種類ほどの中から、好きなものが選べる。焼酎のセットも5種類ほどの中から選択できる。

寄付金の額によってもさまざまで、人気が高いのもうなずける。その中で、もっとも話題となっているのがこれ、寄付額100万円以上の場合、黒霧島20度1.8リットル(一升瓶)を「1年分」とのこと。

霧島(yoppyさん撮影,Flickrより)
霧島

さて、「1年分」とはいったい何本ぐらいだろうか。焼酎の「適量」がだいたい100~200ミリリットルという。200ミリリットルとすれば、9日で一升瓶を1本片付ける計算だ。このペースで毎日飲み続けたとして、だいたい40本強の計算となる。

一升瓶40本、これだけでも酒飲みには嬉しい話だが、実際に都城市が贈っている「焼酎1年分」とはなんと......

365本だ。

1日1本ペースで一升瓶を空けるというのか......! それ以前に、届いた時点で部屋がいっぱいになってしまうのでは、という心配もあるが、そこは大丈夫だ。36本×9回、41本×1回に分けて送られる。そこはちゃんと計算できているのだ。

ツイッターでは次のようにつぶやかれている。

「話題の画像」の最新記事

2018/6/15 11:00

いま、ツイッター上で、とあるマグカップが話題になっている。 ...

2018/6/14 11:00

海禅寺副住職・薬師寺寛邦さん(画像提供:iroha records キッサコ) 「般若心経」(はんにゃしんぎょう)、読者の...

2018/6/13 06:00

チョイワル風...、実は?(画像提供:西都市役所) 上の写真をご覧いただきたい。左手で上着を肩にかけ、右手に持ったカラー...

2018/6/11 20:00

皆さんも自分が住んでいるところに「役所」が必ずあるわけだが、一体どんな形をしているのかを思い出すことはできるだろうか......こう考えてみると、役所の外...

2018/6/11 17:00

投稿者がとらえたペットの画像が「すごいw!」――こんなツイートが2018年5月25日に投稿され、話題になっている。...

宮崎県 最新記事
2018/6/17

日本は高齢化が進んでいるが、元気なお年寄りは増えている。地域のために「生涯現役」で活躍していただくのは大変ありがたいことだ。しかし、世代交代となると、なか...

2018/6/17

2019年4月末に天皇陛下が退位し、翌5月1日、新天皇の即位に伴い、元号は変わる。今の元号「平成」と名がつく月日は、2018年で終わることになる。ツイッタ...

2018/6/16

徳島県で毎年8月に行われる伝統芸能「阿波おどり」で、2017年まで行われていた「総踊り」を18年は行わない、と各メディアや公式サイトで伝えられた。例年、一...

2018/6/16

漢字の読み書きなどの能力を計る、漢字能力検定(通称「漢検」)。2018年6月12日、その17年度都道府県別合格率が、日本漢字能力検定協会(京都市)から発表...

2018/6/16

「6月16日は何の日?」そう聞かれた時、皆さんなら何の日と答えるだろうか。調べてみると、「麦とろの日」「ケーブルテレビの日」「無重力の日」「アフリカの子供...

注目情報
北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ