お茶1本買うのに、なんと「20分」! 話題の赤羽駅「無人AI店舗」を体験

2018年10月20日 08:00

2018年10月17日からJR赤羽駅の5、6番線ホーム上のKIOSK跡を活用した特設店舗で、無人AIレジ店舗「TOUCH TO GO」の実証実験が行われている。

赤羽駅ホームに無人店舗が出現(以下写真は2018年10月19日Jタウンネット編集部撮影)
赤羽駅ホームに無人店舗が出現(以下写真は2018年10月19日Jタウンネット編集部撮影)

店舗にはAI無人決済システム「スーパーワンダーレジ」を導入。客が選んだ商品をAIが把握し、自動的に購入金額が算出される。17年11月20日から26日にかけて大宮駅で行われていた「スーパーワンダーレジ」の実証実験の結果を踏まえ、商品認識率や決済認識率をさらに向上させ、今後の無人店舗の実用化を目指していく。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報
小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

20190313touden1.jpg
20190222koshiduka_b.jpg

駅が約100年前の姿を取り戻した! 今こそ遊びに行こう。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ