シカ肉、全国2位は「鳥取県」 北海道に続くジビエ利用量なぜ?

2018年2月28日 11:00

狩猟で捕獲した野生の鳥獣を食材として楽しむ「ジビエ」もすっかり定着してきた。居酒屋などでもジビエメニューとしてシカ肉やイノシシ肉、鴨肉などを楽しむことができる。

そんな国内のジビエ利用実態を示す初めての調査結果、「野生鳥獣資源利用実態調査(平成28年度)」が2018年2月9日、農林水産省によって発表されている。イノシシ肉やシカ肉のジビエ利用量(トン)が都道府県ごとに報告されているのだが、シカ肉は北海道が400トンという圧倒的な量を誇り、それに次ぐ第2位が47トンで鳥取県となっているのだ。

おいしいですよねシカ肉(oonnuuooさん撮影, Flickrより)
エゾシカ肉
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ