回覧板に「野良猫問題について」 駆除のお願いかと思いきや...意外な内容に「泣けた」

2020年5月 1日 20:00

あるツイッターユーザーの家に回ってきた町内会の回覧板。そこに挟まっていたのは、「野良猫問題について」と書かれた紙だった。

野良猫問題というタイトルから、投稿主は初め「野良猫を見つけたら保健所に通報して処分してください!」といった内容ではないかと思ったそうだが...

紙には、こう書かれていた。

「町内会では野良猫は去勢手術をしゴミを漁らないようエサを与え地域猫として共存して来ましたが、先日一匹の野良猫が亡くなりお寺で供養しました」

回覧板に「野良猫問題について」(画像はイメージ)
回覧板に「野良猫問題について」(画像はイメージ)

地域で見守ってきた猫とはいえ、野良猫を寺で供養とは――悲しくも優しい気持ちになる報告だ。予想外の内容に投稿主も不意をつかれたのだろう。

2020年4月27日、回覧板の内容を「泣けてきた」とツイッターで紹介したところ、5月1日昼時点で8万6000件の「いいね」が寄せられるなど、大きな話題になった。

投稿には、なんと「ひふみん」の愛称で知られる元プロ棋士の加藤一二三九段から「なんと素晴らしい町内会でしょう」とコメントが。他のユーザーからも、

「すごい!素敵な町内会や」 「そんな街あるんだ。うちも引き取り猫を去勢して飼ったことしかないので分かります」 「こんな優しい町だらけだったらな...猫ちゃん成仏出来ますね」

といった声が寄せられている。

1日3食のエサ担当も

Jタウンネットは4月30日、投稿主の「愛猫はポチ」(@poti1974)さんに詳しい話を聞いた。

愛猫はポチさんは、愛知県のある町に3年住んでいる。回覧板は27日の朝、郵便ポストに入っていた。

そこで目に飛び込んできたのが「野良猫問題について」というタイトル。本文には以下のようなことが書かれていたという。

○町内では11匹の地域猫を管理している
○野良猫を見つけたら町内会、市役所、保護猫ボランティアに連絡すれば、保護して去勢手術を行う
○引き取ってくれる人がいたら引き渡し、いなければ町内で地域猫として育てる
○先日1匹の地域猫が亡くなっているのが見つかり、お寺で供養と埋葬を行った

愛猫はポチさんが、地域猫について書かれた回覧板を見たのは今回が初めて。地域猫には担当者が朝昼晩とエサを与え、町内会長が所有する敷地内にトイレを設置、町内の排泄物は地域の人が散歩などのついでに見回り処分していると後に確認したという。

愛猫はポチさんは、当初タイトルから違う内容を想像したことについて、

「前に住んでいた同じ市内の別地域では『野良猫を見つけてもエサを与えないでください』『保健所に連絡して処分して貰ってください』と言われていたので、タイトルを見た時点ではそういう話が書かれているのかと思いました」

と説明。「同じ市内なのに町内会の考え方だけでここまで生活が違うのか」と驚いたという。

今回の投稿が話題になったことについては、

「野良猫に対する是非も正解はなく、(愛猫はポチさんの)町内会の活動が正しいかどうかは分からないです。野良猫に対する考えを全員が見直す1つのきっかけなり、全国にいる野良猫の将来に繋がれば嬉しく思います」

としている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ