銭湯の入り口かと思ったら... 温泉地・大分には「のれん」付きのトイレがあった

2019年4月 4日 18:00

まるで、銭湯の入り口のようなトイレがあった――。そんなツイートが投稿され、密かな注目を集めている。

写真には、男女に分けた入り口があり、のれんのようなものが下がっている。たしかに、のれんに男女の区別があれば、銭湯を連想するのは自然な流れだ。

しかし、その上には、日豊本線、久大本線、豊肥本線の発車時刻を知らせる電光掲示板がある。やはり、ここは駅なのだ。また下を見ると、入り口の脇に「TOILET」という英文表記も見える。やはり、トイレらしい。

いったい、なぜこういうデザインになったのか。Jタウンネット編集部は、鉄道会社に聞いてみることにした。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ