愛知県民がよくやるらしい「トーチトワリング」って何?

2016年5月11日 11:00

2016年4月30日に投稿された次のような写真付きのツイートが、大きな話題となっている。

写真は、火が付いた棒を振り回している少年たちの様子である。「野外学習でトーチトワリングやるのは愛知だけって昨日知って驚きを隠せないよ」というコメントが添えられている。

「トーチトワリング」......?あまり聞かない言葉である。いったい何だろう?

「校庭で......棒振り回す練習してたな」

YouTubeには下のような動画が公開されていた。愛知県西尾市にある離島・佐久島で行われた野外活動のキャンプファイヤーの様子。「トーチトワリング」がフィナーレを飾った。

野外活動:トーチトワリング(Fire Dance)

動画を見ればわかるとおり、トーチトワリングとは先に火を点けたバトンを回転させるなどして行うパフォーマンスだ。キャンプファイヤーなどとセットで行われることが多い。なぜか愛知県では野外学習の一環として採用されていることがやたら多いらしく、ある種のローカル文化となっているようだ。

海外での例(Joelさん撮影、Flickrより)
CIMG3357

冒頭のツイートに関して、愛知県民からはこんな声が寄せられている。

「校庭でずーっと雑巾縛り付けた棒振り回す練習してたな」「本番終わったあとも折り畳み傘とかでやるんだよ」といった報告もある。

「トーチは目立つグループしかやれない花形だったなぁ」「小5も中2もやったわ」という懐かしそうな思い出もあった。

場所によっては、「火舞い」とか「ファイヤーダンス」と呼ぶ地域もあったという。

愛知県民がすっかり熱くなっている「トーチトワリング」の話題だが、他県民にはどうやら理解不能......。こんな感想もあった。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ