「ドタキャン」だと感じるのは、約束のどれくらい前から?【都道府県別投票】

2020年9月27日 10:00

土壇場のキャンセル、略して「ドタキャン」。何かしらの約束事を、期日ギリギリになって取りやめることを指す。

「ドタキャン」は約束のどれくらい前から?(画像はイメージ)
「ドタキャン」は約束のどれくらい前から?(画像はイメージ)

ドタキャンをする人にも、もちろんそれなりの理由があるはず。しかし、みなさんご存知のように、ドタキャンは時に相手をとても不快にさせる行為だ。

さらに厄介なことに、何日前(何時間前)のキャンセルを「ドタキャン」というかは、人によって様々。キャンセルする側が土壇場だと思っていなくても、相手からしたら「ドタキャン」ということもあるのだ。

みなさんは約束のどれくらい前にキャンセルされたら、「ドタキャン」と感じるだろうか。

女性向け掲示板「ガールズちゃんねる」では、2020年9月2日に、「ドタキャンは何日前から?」というトピックが立てられた。そこに集まった意見は、

「当日。前日までなら許せる」
「前日の夜ならドタキャンと感じてしまう」
「朝一の約束なら前日の夕方頃 昼過ぎの約束なら当日の朝一」
「12時間以内笑」

といったもの。

ちなみに筆者がドタキャンと感じるラインは約束の12時間~1日前。12時間を切ると、すでに寝ていたり、予定の準備を進めていたりすることが多いからだ。

また掲示板では、約束事の内容によって「ドタキャン」のラインは異なる、といった意見も複数見られた。

たしかにキャンセル料が発生する場合だと、たとえ1週間前でも「ドタキャンされた!」と感じることもあるかもしれない。

ここで改めてみなさんにお聞きしたい。

「約束のどれくらい前から『ドタキャン』だと思いますか?」

想像して欲しいのは、自分が個人的な約束をキャンセルされる側だった場合。ドタキャンによるキャンセル料などは発生しないこととする。

選択肢は、約束時間ピッタリの0分前から。みなさん、ご協力お願いします!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ