福岡の100円ラーメン「勝龍軒」営業終了、閉店後も「最後のあいさつを...」と人絶えず

2014年4月28日 15:00

100円ラーメンで知られた福岡市南区の「勝龍軒(しょうりゅうけん)」が、2014年4月27日に営業を終了した。

1968年の開店以来、一番安いメニューはずっと100円で、スープはシンプルなとんこつ味。チャーシューとネギ、キクラゲがトッピングされ、飲食店が提供するラーメンの要素はしっかり詰まっている。

開店当時の大卒初任給は月給3万600円で、現在は約6倍以上の約20万円に上昇している。育ち盛りの子どもたちが小遣いで食べられるようにという配慮から、原材料費の高騰や消費税創設・増税でも値段は変わらなかった。「福岡市の歴史遺産だ」「文化遺産に指定するべき」という声が上がるのもうなずける。

勝龍軒(ブログ「ツーリング・山・麺」より)
勝龍軒(ブログ「ツーリング・山・麺」より)

店のビニール屋根に描かれている似顔絵は先代の女性で、次女が営業を続けていた。最終日には大勢の客が行列をつくり、その長さは約150メートルにも及んだという。

未成年のとき、おやつ代わりに食べたという人や、大人になってもあの味が忘れられないという人が、閉店を惜しむツイートを寄せている。

「食べてみた」の最新記事

2019/1/22 11:00

箸を入れた瞬間、肉汁が洪水のように吹き出す―― まるでグルメ漫画やアニメの世界のような体験が、リアルに味わえるハンバーグが京都にあるという。...

2019/1/17 11:00

今から30年ほど前、日本では激辛ブームが起きていた。1986年に煎餅店神田淡平の「激辛」が新語・流行語大賞の銀賞に選ばれるなど、当時の人々は辛さを求めてい...

2019/1/16 06:00

豆まきとともに節分に欠かせない存在となった「恵方巻」。今年も、コンビニエンスストアをはじめ数々の恵方巻が世に放たれる。...

福岡県 最新記事
2019/1/22

一見、おいしそうなラーメン。でも、ジーッと眺めていると、徐々に「ドラえもん」に見えてくる――。そんなツイートが2019年1月20日に投稿され、インターネッ...

2019/1/22

「こすい」という言葉、一般に「ずるい」「せこい」の意味で使われる語だが、標準語のようでもあり、方言のようでもあり......。いったい、全国でどのように浸...

2019/1/21

大相撲初場所の熱戦が繰り広げられる2019年1月、インターネット上では「鉄道の駅名が力士の四股名に似ている」ことが話題になった。既出も既出だと思うんですけ...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
saga5_80x80.png

海の中に立つ鳥居。これが満潮になると...

釣り

回転で流れて来た握りは...

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ