ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
わたしの「ヒーロー」
プレゼント

【6/26まで】「奈良大和路のみほとけー令和古寺巡礼ー」招待券を10組20名様にプレゼント!

「買い物の度に『双子ちゃんですか?』と聞かれて『見ればわかるでしょ!』とウンザリ。その日もエレベーター前で話しかけられて...」(広島県・30代女性)

Jタウンネット読者

Jタウンネット読者

2024.04.14 19:21
0

シリーズ読者投稿~忘れられない「あの人」と~ 投稿者:双子のママさん(広島県・30代女性)

双子を育てる「双子のママ」さんは、子供たちが2歳の頃、大変な日々を送っていたという。

子育てに必死で余裕がなかった彼女は、出先で「双子ちゃんですか?」と声をかけられることにウンザリしていて......。

2歳の双子の育児中に...(画像はイメージ)
2歳の双子の育児中に...(画像はイメージ)

<双子のママさんの体験談>

我が家の双子が2歳だった時のことです。

双子の子育ては想像以上に大変で、毎日本当に必死でした。

「いちいち話しかけないで」と思ってしまうことも

当時はコロナ禍前だったので双子をベビーカーに乗せて買い物していると必ず「双子ちゃんですか?」と話しかけられます。

当時の私には気持ちの余裕がなくて「見たら分かるでしょ!いちいち話しかけないで」と心で思ってしまうことが度々ありました。

そんなある日、双子を連れてエレベーターを待っていると、1人の女性に話しかけられました。

エレベーターの前で(画像はイメージ)
エレベーターの前で(画像はイメージ)
「双子ちゃん? 私の子供も双子なの。
今が一番子育て辛いでしょ? でも終わりが必ず来るから、もう少し頑張って」

気持ちを分かってくれる人がいるんだ、ととても嬉しくなり、エレベーターに乗った途端涙が止まらず、双子を抱きしめ大泣きしてしまいました。

今では、あの頃の大変さが嘘のように子育てがすごく楽しいです。まだまだ終わった訳ではありませんが、少しずつ終わりに近づいていて、その終わりが来る事が少し寂しいとさえ感じます。

あの時、話しかけてくれた双子の先輩ママさん!本当にありがとうございました。

あの言葉があったお陰でとても辛い時期を乗り越えることが出来ました。

もう少し頑張ります。

皆さんの体験談、聞かせて!

Jタウンネットでは読者の皆さんの体験談をいろんなテーマで募集中。

誰かに伝えたい「ありがとう」「ごめんなさい」、旅先であったいい話、受けた「神対応」や親切自慢、新社会人時代に助けられたこと......などなど、誰かに話したい、心温まる思い出を教えてください!

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージメール(toko@j-town.net)から、具体的な内容(500文字程度~)、体験の時期・場所、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談を編集して掲載しています。あらかじめご了承ください)

PAGETOP