ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

夏本番はまだだけど...熱中症に要注意! 避けたい4つの「高リスク行動」とは

ご当地テレビ視聴隊

ご当地テレビ視聴隊

2022.06.14 06:00

[かんさい情報ネットten.―読売テレビ]2022年6月2日放送では、熱中症について取り上げていました。

このところ熱中症で救急搬送されたというニュースが多くなっています。そこで番組では、熱中症の症状についてあらためて解説。

Ⅰ度(軽症)では、「めまい」「呼吸回数の増加」「唇のしびれ」「足がつる」。 Ⅱ度(中等症)では、「頭痛」「吐き気」「体がぐったり」「会話の様子がいつもと違う」。 Ⅲ度(重症)になると、「意識がない」「体のけいれん」「体に触れると熱い(高体温)」という症状が出ます。

熱中症にご用心(画像はイメージ)
熱中症にご用心(画像はイメージ)

注意すべきは、これらの症状が段階的に出るわけではないこと。いきなり重症になることがあるのが熱中症の怖いところです。

もし身近な人に熱中症の症状が見られたら、次の5つの行動をとりましょう。

(1)「涼しい場所に運ぶ」
(2)「衣服をゆるめる」
(3)「タオル・上着などで頭・足元に枕を」
(4)「スポーツドリンクなどを少しずつ飲ませる(できなければ急いで病院へ)」
(5)「水やアイスパックで太い血管が通っているところ『首筋』『わき』『太ももの付け根』を冷やす」

熱中症リスクが高まる状況とは

さらに、熱中症リスクが高くなる状況が以下の通りです。

(1)「夜更かしの次の日」――寝不足はNGです
(2)「朝食を抜いた朝」――水分やエネルギーを入れておかないと、体が"空だき状態"になってしまいます
(3)「急な激しい運動」――待機と出場を繰り返す運動会などでは、しっかりと準備運動をします。特に朝起きてすぐは自律神経が整っていないので要注意
(4)「体が暑さに慣れていない」――湿度は低いのに体が暑さに慣れていないこの時期は、意外に熱中症リスクが高いそうです。
運動会でも気を付けて!(画像はイメージ)
運動会でも気を付けて!(画像はイメージ)

また、若い女性は誰かが1人倒れると周りがつられて伝播する「集団パニック状態」に陥りやすいとのこと。

女性は生理などで体の変化が激しいため、学校などでは特に女子生徒に気を配る必要があるのだとか。

暑い日はこまめな休憩・水分補給を行い、無理をせず過ごすのがいいですね。皆さんもお気を付けください。

(ライター:まみ)

PAGETOP